<   2017年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

【お知らせ】2017年6月のイベントです

2017年6月のイベント情報です。

基本的には3時までですが、飲んでくだされば朝5時まで付き合いますよ!って感じにしようかな、と思ってます。

5/27(土) 「Funk研究会(ファン研)」
 8pm- No Charge
【部長】久保田"Funkenstein"耕

 空いてしまった土曜日に急遽開催!地道にFunk研究を続けているファン研部長が、未だ研究途上ではありながらもようやく重い腰を上げ、部会をやってくれることになりました。これは部活です。Funkとは何かを追い求めていきます。我らがファン研は部員を募集しております。

5/28(日) 「龍麿円形劇場2017」
 open 18:00 / start 19:00
 料金3500円 (25名限定です)
【出演】R4S (端山龍麿、大沢イット、佐野聡、上原”ユカリ”裕) 
【メール予約】 info@ryumaro.com

 今年もやります円形劇場。ユカリさんの生音ドラムが聞ける奇跡の真後ろ席が特等席です。既に予約で限定数が埋まったそうです。一応キャンセル待ちも出るかもです。

5/31(水) 「Remembering谷さん」
 昨年の6/1に急逝してしまったケインズ大常連の谷さんを偲んで「空也の最中」を食べたいと思います。

6/2(金)Free Friday #30
 makizooの「キラ金バースデー」
 8pmー No Charge
【カウンターDJ】makizoo

 5回目の「キラキラ金曜日」は、この日がバースデイ・イブのmakizooが、これまでのリスニング人生で夢中になって聴いた音楽を出来る限りテンポ良く回して行きます。日付が変わって、ちょうど歳の数だけの曲数に達する予定。さて何曲かかりますでしょうか!

6/3(土) 「藤沢歌謡会 #23」
 8pm- No Charge
【DJ】及川譲二、ダメ男
【ゲスト】イクマンテの夜、Zafarista、610

 前身イベント「ほほえみ歌謡ナイト」からのオーガナイザー、カズマックスが藤沢を離れたため、このイベントの仕切りを担当させて頂くことになりました!

 元々、普通のDJイベント形式でなくラジオ番組の様なトークスタイルで始まった「ほほえみ歌謡ナイト」が、そのスタイルをほぼ継承した形で始まったのが「藤沢歌謡会」。

 が、レギュラーのみでやり続けるのはさすがに限界あるし、もっと外の血を導入しようってことでリニューアルを施したのが1年程前。このときに、イベントもちょい普通のDJイベントぽくなったわけ。果たして、そのリニューアル効果はと言えば、まぁまぁの成果は上げられたと思う。(都内から来てくれるお客さんとかもちょい増えたしね。)

 そこで、その路線を更に押し進めてみようかと…。と言うか、都内他の素晴らしい和モノDJをもっと藤沢、ケインズのお客さんに聴いて欲しいと言う思いが予々オレの中にあって、それを愈々実践する時が来たと…。

 そんなこんなで、オレ仕切りの第1回目のゲストは都内では説明不要の強者を揃えてみました。先日の名古屋でのイベントでもフロアを熱狂の渦に叩き込んだ(らしいw)「いま和モノDJ界で一番熱い男」イクマンテの夜。異色のフランス人昭和歌謡DJ(宇宙のレコードも好きらしいw)にして、サックス・プレイヤーでもあるデニス(Zafarista)。人気イベント「東京の恋人」主宰人にして、Super DiggerであるDJ610 (レコードコレクター紳士録 '14年7月号登場)。

 そして、レギュラーはお馴染み、及川(妖精)譲二とダメ男。(オレは今後は、オープニングのみサラッとやって終わります。寧ろやんなくても良いくらいだねw そう言う回も今後出てくると思いますよ。) そんな訳で6月3日は、会いに来てあいにーじゅー!(主宰ダメ男こと浅見さん談)

6/4(日) 「よみきかせのみきかせ vol.20」
 15:30より(17:30ごろまで) チャージ無料(投げ銭)
【出演】ますいあらた、てづかのぶえ、そのだかよ

 隔月の日曜夕方から開催している、絵本とうたと子連れ飲み企画。お子様の飲食持ち込みは自由です。

6/9(金) Free Friday #31
 「ドロキラGen金!」
9pm- No Charge
【カウンターDJ】オーノマサオ(Voices Inside)、
makizoo(After h’Our Rock)、Gen(Three Amigos)

 Free Fridayシリーズに参戦してくれている「金ちゃんファミリー」の中から、6月が誕生日の3人が集ってロックの日に6曲ずつ回していきまーす。makiちゃんはBES/SSW、マサオさんはFunky Rock、Genさんは広義のRnRという感じでーす。

6/11(日) 「Hepstar Directory  Guest:マクジョニール」
 Open 18:00 / start 19:00
【Hepstar Directory】
梁承淵(Vo/Cho)、梅本啓(G/Cho)、望月光司(Dr)、
中野光明(B)、ユージン石野(Key/Vo)
【マクジョニール】
さとうさちこ(Ag/Vo)、松藤英男(Ag/Vo)、
Mac清水(Perc/Cho)

 梅本さんが企画してくれた大人ソウル&ロック。ユージン石野さんの作るメロウ・ソウルネスあふれるシティ・ポップな楽曲のファンです私は。そしてジョニとニールを歌うらしいゲストの「マクジョニール」、松藤さんとマックさんは甲斐バンド時代の盟友だそうですね。スゴイな。

6/14(水) 「高満洋子and上原ユカリ裕 ワンマンライブ」
 開場 19;00/開演 20:00 チャージ 2500円
【出演】pf.vo. 高満洋子、dr.vo 上原ユカリ裕

 何度も来てくれている高満さんとユカリさんのデュオ。新曲をたくさん用意しているそうです。

6/17(土) 「Voices Inside vol.112 "Jamaican Meets R&B ~45-78 That's My Number~"」
 7pm- No Charge
【Disc Jockey】二見潤、大野正雄、関根雅晴
【ゲストDJ】Nakahashi、MIZUNO(SONGBOOK / All Grown Up!)

 ラジオの電波に乗って海を渡ったアメリカ産のR&BやSoul Music。そこからジャマイカンが影響を受け作り上げたSkaやRock Steady。ジャマイカン・ミュージックに造詣の深い二人のゲストを迎え、ジャマイカとソウル・ミュージックの深い繋がりを楽しんでいきたいと思います。
 ちなみにサブタイトルはTootsの曲から、数字をレコードの回転数にしてみました。

6/18(日)Cane'sバンド練習 
夕方より

6/23(金)CANTO
【CANTO】中西文彦、大沢逸人、荒井康太
詳細未定

6/24(土)「AZUMI/夜久一(やくはじめ)」
 open 19:30 / start 20:00 charge ¥2000
 2013年8月のAZUMIさんCane's初ライブは衝撃的だった。(その時の録音はAZUMIさんの手売りCDR「AZUMI山脈プレミアム」として作品化されております。)それから毎度ヤクとセットで来てくれること数回。今回は約一年半ぶり、Cane'sでの師弟共演です。ぜひお見逃しなく。

6/25(日) ”Irish Session #33”
 5pm- No Charge

 2014年秋から毎月続けている自由参加のセッションです。主宰はフィドラー椎野さん。終了時間は特に決めておりませんが、だいたい8時から9時ごろまで続きます。参加してくださる皆様をお待ちしています。
 生音をBGMに飲むのもなかなか気分の良いものです。演奏者以外の方もぜひどうぞ。

6/26(月) 「小松崎健&浜田隆史LIVE」
 7pm- チャージ¥2500
【出演】小松崎健(ハンマーダルシマー)、
 浜田隆史(ラグタイム・ギター)
【ゲスト】ダルシカフェ

 バウロン、バスクラリネット、馬頭琴、イリアンパイプほか色々な楽器との組み合わせで、どこかの時代には存在し得るかもしれないようなミクスチャー・ワールド音楽を幻出させるハンマーダルシマー奏者の小松崎さんが、札幌からやって来ます!これまでCane'sには「ビロビジャン」「カルマン」「野口★健」など様々なユニットで来ていただきました。
 今回は小樽在住のラグタイム・ギター奏者、浜田隆史さんとのデュオです。

7/1(土) Frank Zappaナイト 第2夜
7/14(金)カツヲスペシャル+田尻有太
7/15(土) Voices Inside #113 Funk 50周年!
7/17(月祝) No Charge Trio
 沢田穣治、沼直也、田尻有太
7/22(土) After h'Our Rock #8
7/26(水) かわECM バースデー
7/29(土) 今西太一
8/4(金) TBA(カオリーニョ藤原)
8/6(日) Cane's田火田共催 地曳網大会
 @鵠沼海岸堀川網
8/10(木) Soul Kingfisher
8/11(金祝) 藤沢歌謡会#24
8/12(土) キラ金スピンオフ
8/19(土) Voices Inside #114


[PR]
by barcanes | 2017-06-30 23:37 | イベント | Trackback | Comments(0)

AZUMI説法大絵巻

6/24(土)

2015年12月以来、1年半ぶりのAZUMIさん。その時もヤクのレコ発という体裁でAZUMIさんは控えめな演奏だったので、1ステージしっかりと聞けたのはちょうど2年ぶりだ。凄まじすぎてなんとも描写できない。一曲37分の大絵巻「アズミ説法」は落語に河内音頭に浪花節、あらゆる上方芸能が入り混じりイタコ芸までハイブリッドされた即興ミクスチャー憑依一人芝居。ギターはもはや琵琶なのか、べんべんギター法師。笑いと泣きが交互に襲ってきて、泣き笑いとはこれほどの表現形態であるものなのかと感じ入った。

中学の藤井センセとチャックベリーが同様に関西弁で喋り、「そっちの声は全部こっちに聞こえてんのやで」と、「君の思い悩む声が聞こえるのや」と現れる。この世にお金より大事なものはあるんですか?そんな問いに、いろいろな人物が代わる代わる登場する。こういうのはネタバレになってしまうから書いてはいけないのかもしれないけど、迫真はジョニーBグッドにその母親が語りかける会話が瞬時に入れ替わるシーンだ。それがいつかのあべのぼるさんの言葉となり、ギターへのこんな投げかけとなる。「お前は何か知ってるんだろう?」そして答えは、あの問いに対する答えは!「こんな歌聞きたないわとのお叱りの言葉もなく!」終演を迎える。

今の私の、私だけでなく我々の心を察したかのようなテーマに真っ向から、そして「いつも心にユーモアを忘れることなく」ぶつかってくる。号泣でした。「ひとりで生きてるわけじゃないのに、ひとりで生きてる気分になってるだけやろ。」

残念だったのは楽しみにしていたカセットテープが前日で売り切れてしまったとのこと。その代わり2枚組のライブCDと、ヤクのカセットを4巻買いました。ヤクの演奏は、途中から歌詞が飛んでしまったりしたけど、それでも前半は特に集中していて良かった。多分栄養が足りてないのやな。誰か飯を食わしてやっておくんなまし。

今回の拾音はAZUMIさん持ち込みのエレボの赤い木製ボディのカーディナル。それ一本で声もギターも、二人の共演もバッチリ拾えた。AZUMIさんはそのマイクとの遠近感も使いながら演奏している。たっぷりと距離をとったその響きには、その録音を再生した時にもそのまま含まれていて、マイクが少ないほど被りが少ないわけだから、そのサウンドの再現性が高いということになるのだろうと実感した気がした。

終演後はこの日BGM係をやってくれたマサオさんのスワンプ系SSWのレコードや、Funk狩り帰りのファン研部長の獲物を聞いたり、カセット部員が持ってきてくれたVictorの3ヘッド機V631を試奏したりした。部長が寝てしまった明け方に、さっそく昨日のCANTOをテープオフ。

c0007525_14321808.jpg

c0007525_14323376.jpg

c0007525_14325561.jpg


[PR]
by barcanes | 2017-06-30 14:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

CANTO!実験室

6/23(金)


2014年9月と2015年1月以来、なんと2年半ぶり3回目のCANTO。この3人の初共演がこの店だったのだが、中西さんとギューギューさんの共演も実は最初がCane'sだったそうだ。いい縁を作ってるなあCane's。翌日に歌いに来るシンガーにオリジナル曲を初めて歌わせたのもCane'sだし、変態ピアニストを変態の巨匠に引き合わせたのもここ。オレ、いい仕事してるなあ。でもその陰には、続かなくなってしまった数多のご縁もあったわけですよ。ええ。

中西さんの平日企画「セッション・エチオピア」は10回近く続いたものの、毎度お客さんは少なくて、Cane'sでの中西さんは集客できないというジンクスを作ってしまった。異種格闘的な人選のチャレンジングなセッションだったため、毎回素晴らしいものであったとは言い難いし、そういうものを楽しみにしてくれる方は非常に少ないのだろう。エンターテイメントでもないわけだし。

そんな中でもこうしてバンドとして続くものが生まれ、アルバムを作るところまでいったのだから、あのセッション企画も有意義だったと思える。それなのにレコ発ツアーにCane'sを入れないところが全く中西さんらしいし、そんな扱いがCane'sらしいといったところなのでしょう。うちは実験室でいいんです。

さて今回。CANTOのライブ録音は初めて。荒井君のドラムに4マイク使った。ライブではギューギューさんのベースがハウリ気味で、もうひとつ演奏がしっくりきていないような印象だったのだが、終演後に録音を聞き直してみるとくっきりとして聞こえる。しっかりと演奏されていたのが分かる。ドラムの拾音もいい感じだ。

若い荒井君には、自分のやっているライブRecからPCを使わないミックス、そしてそれを店でお客さんに聞かせたりテープ・オフしたりすることの面白さと物珍しさが瞬時に察し取れたようで、若い人に分かってもらえるというのはとても嬉しいものだ。

バンドの3人とも終演後も残ってくれて、自分たちの音楽についていろいろと話し合っていたのも好感というか嬉しかった。くだらない話も面白いけど、こういう自分たちの音楽の話が私には一番面白い。そして中西さんのライブでは初めてお金をもらえるぐらいお客さんが入った。いろいろと嬉しい日だった。

遅い時間には深夜部員と、今夜も録音やカセット・テープの技術的な話。今は聴覚よりも視覚の時代。SNSは画像や動画で注目をキャッチしようとする。そのうちバーチャル触覚の時代が来て、おっぱいやおちんちんもバーチャルになるのだろう。音楽は全て騒音となり、スピーカーはもちろん無用。タバコの匂いさえ煙たがれるように、音を出すことさえ禁じられるようになるだろう。全てが脳内だけで再生される時代。そんなSF小説があってもいい。音楽を求める人はどこに向かうのだろうか。私は空気の音を聞き、空気の音を拾いたいと思う。

c0007525_12540120.jpg

c0007525_13014719.jpg
SUNDRUMというバンドをやっている荒井君からCDをいろいろいただきました。今流行りの民謡系になるでしょうか。ハーモニー民謡アフリカンって感じでしょうかね。CANTOのアルバム『Česko』は全国流通も決まり、勢いが乗って来ました!

c0007525_13032140.jpg
c0007525_13034075.jpg
わたくし、元です。


[PR]
by barcanes | 2017-06-30 12:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)

評議員会そしてSLのサウンド

6/21(水)



ある法人団体の「評議員」という任を仰せつかって、ついでにその会合の場所にこのお店を使っていただいた。評議員とは何なのかよく知りもしないで、人助けと言われてお受けしてしまったのだが、終わった後に解説を受けてようやく納得した。


理事会が内閣だとすると評議員会が議会に相当するものとのこと。とすると相当に責任ある任務となるわけだが、要するに話を聞いて、その後ハンコをいろいろと捺かされるわけである。慣れない者にとって、ハンコを捺くというのはあまり気分のいいものではないが、それはやはり何らかの責任を負う、ということを思わないわけにはいかないからである。


それにしてもこのような任務、私のようなヤクザな商売をしている者で良いのだろうか。もちろん、私以外はちゃんとした肩書きや経歴を持たれた方ばかりなので、少々肩身の狭い思いがしないわけでもない。自己紹介の順番が回ってくる。ちなみに私の肩書き欄には「地域在住幼稚園児保護者」と書かれていた。なるほど面白い。ちょっと隠れた感じがする。っていうかちゃんと隠されていた。


それに頭数を合わせなくちゃならないわけだし、書類だの何だの、法人経営の大変さを垣間見させてもらいました。自分には無理だな。ほんと経営者に文句ある人とか、こういう姿を見た方がいいと思う。敬意を評して言われるがままに、血判状のようにハンコを捺いてきました。代わりにというわけじゃないが頂いた「まい泉」のカツサンド、美味しかった。


その後は先週水曜日の高満上原デュオのライブ音源を聞いてテープに落としてみたり、図書館で借りてきた中国のSLのレコード(ソニーのマスター・サウンド・シリーズ!)や日本各地のSLのCDを聞いたりしました。


「ウーハーはコーンを吐き出す程あえぎ苦しむし、リスナーは心臓を直撃される圧倒的な炸裂音である。オーディオファンにとっても、自己の超低音再生の実力を計り知る格好のサウンドだ。」「エンディングの鶏の”コケコッコー”があなたのシステムで聴き取れるか」などと、リスナーの再生環境を挑発するライナーノーツも非常に面白い。


大カーブやスイッチバックを3重連のSLが駆け抜けていく音を聞きながら、昭和40年代頃の情景を想像するっていうのはたまらないものがありますね。収録されたナレーションでは1968年の時点で「5年後に姿を消す予定」と言っているので、ちょうど自分が生まれた頃にはSLの時代は終わっていたわけだ(旅客車牽引の最後は1975年)が、SLのビートには懐かしさとともにFunkを感じましたね。


それにしてもSLの迫力とバリエーションのあるサウンドには新鮮な驚きを覚えるとともに、このような電気を使わない大音量サウンドを間近で聞いてみたい衝動にかられます。録音の行きつくところはやはりSLとか花火大会でしょうかね。いつか自分でも録ってみたいなあ。やはり難しいだろうなあ。


c0007525_11305248.jpg

スイッチバックもいいよねえ。



[PR]
by barcanes | 2017-06-30 11:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)

【お知らせ】今週末の金曜から月曜にかけてイベント4連チャンです!

今週末の金曜から月曜にかけてイベント4連チャンです。金曜日は、現在のメンバーによる初演奏は(確か)ここCane'sだったというCANTO(カント)。アルバム『Česko』も好評とのことですが、決定前のミックスを何度聞かされたことか…。それも朝まで…笑


そして土曜日は久しぶりにAZUMIさんが来ます!現在の我が国におけるギター弾き語り最高峰過ぎて、たいていのギター弾きはギターを捨てたくなるであろうAZUMIさん。今回はどんな憑依芸が飛び出すか笑!すっかり歌も生活もブルーズ街道まっしぐらのヤクの応援もよろしくお願いします!


***********


6/23(金)

「CANTO!」

open 19:00 / start 20:00

charge ¥2000


【CANTO!】

中西文彦(gut guitar)

大澤GYUGYU逸人(kontrabass)

荒井康太(drums)

の三人によるインストゥルメンタルバンド。


ブラジル、タンゴ、フラメンコ、アフロ、ロック、ジャズ、ミニマリスム、モンゴル、青ヶ島の伝統音楽など様々な要素が取り入れられ、掛け合わされた楽曲を即興的アプローチで表現する。


あらゆる音楽に流れる、生命的、情動的な要素〈歌/canto〉を、無言語で、楽器による具現を試みる。



6/24(土)

「AZUMI/夜久一(やくはじめ)」

open 19:30 / start 20:00 

charge ¥2000


2013年8月のAZUMIさんCane's初ライブは衝撃的だった。(その時の録音はAZUMIさんの手売りCDR「AZUMI山脈プレミアム」として作品化されております。)それから毎度ヤクとセットで来てくれること数回。今回は約一年半ぶり、Cane'sでの師弟共演です。ぜひお見逃しなく。



6/25(日) 

”Irish Session #33”

5pm- No Charge


2014年秋から毎月続けている自由参加のセッションです。主宰はフィドラー椎野さん。終了時間は特に決めておりませんが、だいたい8時から9時ごろまで続きます。参加してくださる皆様をお待ちしています。


生音をBGMに飲むのもなかなか気分の良いものです。演奏者以外の方もぜひどうぞ。



6/26(月) 

「小松崎健&浜田隆史LIVE」

7pm- チャージ¥2500


【出演】小松崎健(ハンマーダルシマー)、

 浜田隆史(ラグタイム・ギター)

【ゲスト】ダルシカフェ


バウロン、バスクラリネット、馬頭琴、イリアンパイプほか色々な楽器との組み合わせで、どこかの時代には存在し得るかもしれないようなミクスチャー・ワールド音楽を幻出させるハンマーダルシマー奏者の小松崎さんが、札幌からやって来ます!これまでCane'sには「ビロビジャン」「カルマン」「野口★健」など様々なユニットで来ていただきました。


今回は小樽在住のラグタイム・ギター奏者、浜田隆史さんとのデュオです。


c0007525_22262630.jpg


c0007525_14504043.jpg


c0007525_22293127.jpg


c0007525_22290853.jpg



[PR]
by barcanes | 2017-06-26 22:23 | イベント | Trackback | Comments(0)

【お知らせ】6/24(土)は「AZUMI/夜久一」です!

純子の切り絵、新作です!カセットで作品をたくさん出しているAZUMIさん、売り物のカセットのダビングに苦労しているらしいヤク師弟が、脱腸してこんがらがっちゃったテープで表現されております。昔よく道端に落ちてましたね、こんなカセットテープ。やっぱカセットきてるな 。


c0007525_14504043.jpg



6/24(土)「AZUMI/夜久一(やくはじめ)」

 open 19:30 / start 20:00 charge ¥2000


2013年8月のAZUMIさんCane's初ライブは衝撃的だった。(その時の録音はAZUMIさんの手売りCDR「AZUMI山脈プレミアム」として作品化されております。)それから毎度ヤクとセットで来てくれること数回。今回は約一年半ぶり、Cane'sでの師弟共演です。ぜひお見逃しなく。



[PR]
by barcanes | 2017-06-24 23:49 | イベント | Trackback | Comments(0)

テープ・オフ

6/20(火)

火曜日はカミさんの仕事の都合で、幼稚園の延長保育の迎えに行った後、この春からは夕飯を作るようになった。一人暮らしの時に自炊はしていたとは言え、インチキ料理の上にレパートリーが少ない。3つぐらいのメニューを繰り返すことになるが、お父さんをおだてといた方がいいとなっちゃんも分かっているみたいだし、カミさんも食えりゃあいいと文句を言わないようにしてくれているが、何度やっても段取りが良くないので不機嫌なのは仕方がない。

そんなことで火曜日は特に、お店を開けるのが遅くなってしまいがちです。堪忍カンニン。

今夜も深夜部員とテープ談議。電気屋の彼はいい相談相手で、我々のカセット・レーベル・プロジェクトのマシン担当として、今後も重要な働きをしてくれると思う。お金をできるだけかけずに、手持ちの機材を組み合わせてどんなことができるか、今後の方針を探り合う。楽しい悪巧みだ。

現状では、音楽メディアとしてのCDRは面白くないだけではなくマシンと録音メディアの両面で品質的に難しいようだ。もちろんCDやレコードのプレスは数量的にハードルが高い。Youtubeに上げたってどこかで管理されているわけだし、面白いことも起こりそうにない。先日入手したモノラルのカセット・デュプリケーターは、ワウ・フラッターの定格が0.3%とテープデッキとしては規格が高くなく、さらに調整が必要なのかフラッターが気になる。

そうなると、デジタルでマスターを作り、一本ずつカセットテープに落としていくしかないだろう。まあバカ売れするわけもないし店はたいていヒマなので、営業中にたんたんとやっていけばいい、というのが現実的な方針となる。うまくデッキを調整できれば、2台3台と同期して量産もできるかもしれない。

それにしても今の若者たちはどのように録音音楽を聞いているのだろうか。やはりスマホで、ダウンロードかネットを通して聞いているのだろうか。大きい音を出せない住宅環境では、スピーカーはもはや無用。どんな環境でも、安いイヤホンでも変わらずに聞ける音質、つまり平面的な音でなければならないだろう。

ちょうど現れた若手シンガーソングライターは、CDの他にグッヅとして自作のテープを20本ぐらい手売りしたそうだ。アキバあたりの地下アイドルたちにも身近な彼によると、ファンはCDなどのグッヅを買う。買うけれど、それをスマホに取り込むのもメンドくさいし、結局ライブに来る。音楽はいよいよライブを聞きに行くしか方法がなくなんぞ。以前AZUMIさんが「あべのぼる一代記」で歌ってた(つまりあべさんが言っていた)時代が到来しているのだろう。

c0007525_14210345.jpg
2013年8月、初めてAZUMIさんがCane'sに来た時のライブ音源。「あべのぼる一代記(ロングバージョン)」収録。Cane's初演には名演が多いという「初演マジック」のひとつだ。確か、PCMレコーダーにヴォーカルとギターを別々に2チャンネルで録ったのを、軽くミックスしてCDRに3枚ほど焼き、関係者にあげた。その後ハードディスク・ドライブが壊れて自分では聞けなくなってしまったヤツが、2年ほど経ってからAZUMIさんの手に渡って手売りグッヅ化してくれたものだ。

久しぶりに聞き直した。あの時の状況と感動が蘇ってくる。やはり名演だったなあ。2チャンネルの、どうやって録ったかも覚えてない粗末な録音でも、演奏さえ良ければ音楽は関係なく素晴らしいのである。これも少しいぢくって、テープに録っておこうかと思い立つ。

そう言えば、まだデジタルMTRを入手する前に、2チャンネルで録った録音があった。2015年3月のMiyuMiyu、ドラム、ギター、キーボードのサポート3人が加わったバンドの時のライブだ。この時は天吊のエアー・マイクで全体を拾い、ボーカル・マイクとの2チャンで録ったはずだ。ほとんどSP盤時代のような録音である。声が大きく中心にあり、演奏は後ろに控えている。しかし何の問題があろうか。集中力を感じさせる演奏は素晴らしく、このバンドの一番の聞かせどころであるユキちゃんのボーカルには十分にリバーブを効かせてあり、まさに自分のためにだけ囁かれているようだ。

スタジオ録音の音質とは全く異なるけれど、これはこれで魅力を感じる人もいるかもしれない。最近活動が休止してしまったMiyuMiyuの、現在の編成になる前の貴重な一瞬を捉えた録音だ。カセット作品にして残しておきたい気がする。とりあえずラフにテープ・オフ。
c0007525_14213045.jpg

なっちゃんと図書館に行きすがら、子供の頃によく遊んだ公園の前を通ったら「えのしま道」の石碑が立ってた。確かに以前私が調査したとおり、この辺りで境川を越える渡し船があったらしいからおかしくはないのだけど、片瀬の公民館から移築して来たと書いてあったのはどうしたことか。あの辺りに置くところが無くなってしまったのだろうか。不思議だ。もしかしたら現在工事中の市役所にあったやつかな。近くにできてた新しいスーパーに行ってみたら、小学校の同級生のお母さんらしき人を見かけたが、話しかける勇気なく。写真は誰か子供の置いた宝箱を調査するなっちゃん。そういえば以前、地引網の漁師がよく言っていた。「海は宝の山よ。」そうだ、ライブは宝の山よ。
c0007525_14231296.jpg


[PR]
by barcanes | 2017-06-23 14:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

のんびりバンド練

6/18(日)



雨のなか夕方から毎月一回のバンド練習。特に目指す目標もなくテーマもなくマンネリしかけているが、そんな時期も必要だろうとのんびりやる。すべての曲を遅めのテンポでやってみる。これが気持ちいい。速さに取り残されてゆく年頃ですからね、リズムが走ることもなくドシッといって、なんか楽しいしうまくいった気になる。


3時間ぐらいやると疲れるので、その後は持ち寄ったツマミで飲みながら話すのも最近の楽しみのひとつ。そっちの方が楽しいんだから、やっぱり僕らはミュージシャンじゃあないな。


c0007525_12573467.jpg

この日いただいたニュー・マシーン。ケース付きのGuyatoneのアナログ・エコーAE5。音が出ないかも、と言われたけどノブのガリだけで問題なしー。repeatとspeedをいぢくってスペイシーなノイズごっこやエンジン音ごっこなどができる。楽しい。もちろんギターに繋げば普通にアナログ・ディレイ。PAにも使えるかな。今度試してみよう。



[PR]
by barcanes | 2017-06-23 12:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Voices Inside #112 Jamaica Meets R&B

6/17(土)


レゲエ以前のスカやロックステディ時代のジャマイカ音楽と、それらに影響を与えたと思われるニュー・オーリンズR&B、コーラス・グループ、シカゴ・ソウルなど、50年代60年代のアメリカのブラック・ミュージックとの呼応関係を巡る企画。ジャマイカ側をゲストのお二人、MIZUNOさんとNakahashiさんが、アメリカ側をレギュラーの3人が担当し、時代感と、すなわち音の感触の違和感のない中で、相互にいろいろなタイプの音楽がかかって、とても楽しく興味深いイベントになった。

おそらくジャマイカ側がどのようにアメリカの影響を受けたのか、はっきりとしたデータを基にしているわけではなく、憶測や感覚で繋がりを感じながらのテーマ感だったので、あまり解説も入らず、説教臭くならなかったのも良かったと思う。このようなジャンルを超えてのブラック・ミュージックの繋がり、まさに「インター・ブラック・ミュージック」という視点は、このイベントが始まった当初のイメージでもあったので、Voices Insideらしい、とても良い企画になったと思う。

たくさんのお客さんも来てくださって、当店としても久しぶりの大盛況だった。皆さんCane'sにしては珍しい盛況ぶりに、驚きつつ喜んでくれていたと思う。終盤どっと来店者が増えた辺りでややカオスな状況になった。そういう時に小さなトラブルがまとまって起きるものだ。しかし地に足のついた音楽が黙々と仕事をさせてくれて、その状況を救ってくれた。いやあ、この日もよく働かせていただきました。

ジャマイカにも届いていたであろうラジオの放送音源から始まった、ウェイラーズのようなジャマイカ人の3人組コーラス・グループをモデルにした潤くんのストーリー・テリングも素晴らしく、最後にはちょっとうるっときてしまいました。

c0007525_12271752.jpg

終演後にはもうひと波乱。それを飲まずには受け止めきれなかったアニキは、そのまま寝落ちてしまったのでした。この国の政治への疑問としてグチにするのはいいと思う。誰しも自分の問題を抱えて、時事ネタはそのハケグチとなりうる。でも国の方向性の前に自分のこと、プライベートな方向性で人を巻き込むのも大変です。私は店の人間だからいいですけどね。

トラブルが起きるのも盛況のしるしかもしれない。人と人が出会いぶつかり合い、良い方に転がっていくことだって良きトラブルなのだ。でもトラブルが起きると数少ないお客さんがさらに減ってしまうのが悲しい。例えばお客さん同士の恋愛は、ダメなら少なくともどちらか、下手すれば二人とも来なくなってしまう。ケンカも然り。

でもうまくいったらうまくいったで何かが変わって、いつかは来なくなってしまうのだから、万事流転か。出会いと悲しさとは常に隣り合わせの商売と分かっているとは言え。やはり自分のスタイルや方向性を持ち続けていないといけないって思わされます。それも私の場合、流転しちゃうのですけど。だから長く続けてくれるイベントとかすごく大事だし有難いのです。

すべてうまくいくような方法はないだろうか。ま、ほっとくしかないか。それに他人のことより自分のことだ。続けていくしかない。もうすぐライブに来てくれるAZUMIさんの歌の一節でも口ずさんでみる。

「悲しい夜は自由になれる
俺は俺だけ見つめていればいい」


[PR]
by barcanes | 2017-06-23 12:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)

高満上原デュオそして音響系

6/14(水)



今年1月以来の高満洋子&上原ユカリ裕Duo、今回は「新曲大放流Special」というお題のワンマン・ライブ。何曲かゲストで新井克昌さんがエレキギターを弾いた。セッティングから3時間ほどみっちりリハ。本番は休憩を挟んで約2時間、新曲が3曲もあって緊張感漂うライブでした。


今回はお手製のディジュリドゥ初披露のユカリさんに5チャンネル、ドラムの録音にマイクを3本使えたので、録音の取れ高が楽しみ。そう私はJBKジビキRecordsですからね、網を仕掛けておいて何が取れるかは引っ張ってみないと分からないのですよ。


終演後、昨日ミックスした「マクジョニール」のテープをかけていたら、洋子さんがこれぐらいキレイに聞けるのならと、以前の高満トリオの録音をCDRで作り、その売り上げをピアノの調律代にしたいと言ってくれるので、それならばと私がミックスすることになった。やりますか。


そんな話を横で聞いてたアニキが「ゲンちゃんはお父さんも音響系だからねえ」と言う。いや父は音楽の方ではない、と言いかけたが、そうかそういうのも音響と言うのか。父は音響探査っていうんでしょうか、海洋ソナーの研究開発をしていたらしいんです。アニキは海洋調査の仕事で船に乗っている人なので、父のいた会社のことやそれらの技術についてよくご存知なんですね。海洋音響って言うんですかね。


100kHzから1000kHzほどの周波数帯域を使って海底の地形や海中の物体を映像化する技術が「しんかい2000」などに使われたらしい。私が小学校低学年の頃だ。その仕組みや、現在の機械やさんの作ってくるマシンの精度と現場での運用との問題点などを説明してくれたのですが、まあ半分も理解できません。


常連の深夜部員も最初は違う話をしてたんだけど、そのうち彼も無人の深海調査艇「うらしま」に載せるマシンの開発(入札で負けた!)をしていたことがあるって言うんだから不思議だ。海の、海中の話で盛り上がる。海の世界は狭いらしく、共通の知り合いもいるみたいだ。不思議だ。こんなところでこんな時間に二人しかいない客人が、店主の父の仕事と近い話をしているのだから。


私にはほとんど分からないんだけど、機械の開発というのはロマンのある話だ。やりがいもあったろう。今度父に会ったらそんな時代の話を聞いてみたい気もするが、父から仕事の話を聞いたことはほとんどないし、多分に機密的な仕事でもあったのだろう。そもそも理解も不能だし。家に帰っても仕事の話ができないというのはどんなものだろうか。まあそんな気持ちも、父とは話し慣れていないから聞けないのだが。


とにかくそんな私も今やヘルツがどうこう言って遊んでるわけだから、父子で音響系ということになるらしい。


c0007525_22213254.jpg
ある事件に巻き込まれたネタで笑わせてくれた洋子さん。

c0007525_22214852.jpg
自作のディジュリドゥは2本ありました。

c0007525_22221200.jpg

ゲストの新井さんに弾かせておいてから、エレキギターが嫌いと告白する洋子さん。

c0007525_22225826.jpg
確かにこの配置ですし、生ピアノとエレキギターに生ドラムですからね。サウンドを馴染ませるのは難しいですよね。

c0007525_22231319.png
この日のユカリさんコクピット。内緒話ですけど、バスドラムの中に入っているミュート用の布団。娘さんが生まれた時にユカリさんが自分で縫ったものだそうです。手作りの捨てられない温もり。どんな機材よりも、泣ける。


[PR]
by barcanes | 2017-06-21 22:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)