<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4月後半からのイベント予定

4月後半からのイベント予定です。
よろしくどうぞ!

4/17(金) 
「流れ星と潮騒の夜」

 19:30 open / 20:00 start charge ¥2000

【出演】榊義弘(Vo&Ag)、上原ユカリ裕(Perc)、新井克昌(Ag)、本杉光司(Bass)
 奄美のSSW榊さん初登場。我らがレジェンド・ドラマー、ユカリさんからのご紹介です!

4/18(土) 
「Voices Inside vol.86 メンフィス特集!」

 No Charge 9pm~

【Disc Jockey】二見潤
【顧問】関根雅晴
【ゲスト】新井崇嗣(翻訳者。『スウィート・ソウル・ミュージック』『スタックスレコード物語』『私はリズム&ブルースを創った』他。雑誌・CDライナー訳、歌詞対訳、音楽誌への寄稿やライナー執筆など多数。)
 Staxのライターとしても活躍したウィリアム・ベルが3月末に来日するなど、やっぱり熱いみんな大好きメンフィス・ソウル!ジェットフタミームのストーリーテリングDJもお楽しみに。

4/22(水)
 「治療院かわいの、ECM聞いて肩が凝ったら次の日マッサージに行けばいいけど木曜定休だからねJAZZ」第2回:ギタリスト特集

 9pm~ No Charge 

【DJ】かわい雨男、TSK 
 2月末にひっそりこっそりイベント「ECMであなたの心をマッサージ。え?余計肩が凝るじゃないかって?そしたら次の日マッサージにでも行ってくればいいじゃジャズ」をやりました。冬の雨の日にぴったり、ドイツのジャズレーベル「ECM」を聞き倒したのですが、楽しかったので第2回。パット・メセニー、ビル・フリーゼル、ジョン・スコフィールドなど、ECMゆかりのギタリストをひっそり特集します。
 この番組は、いい汗かくとカレーが旨い!水草とマジックハンドで貴方の身体と心を癒す「かわい治療院」の提供でお送りします。

4/26(日)
「よみきかせ・のみきかせvol.7」

 15:30 open / 16:00 start
 チャージ無料(投げ銭)

【出演】ますいあらた、てづかのぶえ、ちかだしんぺー
 隔月開催の7回目。絵本のよみきかせを中心に、うたなども。子供も大きくなった子供も、一緒に聞いてね。 子供の食べ物など、持ち込みOKです。

5/3(日) 
「パブロック祭り」

 今年もやります!我々のアマチュア・ロック。
¥2500飲み邦題。飲みもの食べもの持ち込み自由。セルフサービスで適当にやってね。
【出演】田火田バンド、バッキャローズ(ロケデリ)、k'Botter, 中 & NG's (Cane's)、他。
18:00より

5/8(金)  
「R.H.S.M at FUJISAWA」

(Relax Human Syndicate Meeting 0508)
Open 19:00 / Start 19:30
adv¥2000/ door¥2500

【出演】 Floral Frutiy
moqmoq feat. 宮下広輔
gnkosaiBAND
 年に一度 日本の春 かぐわしい花の香りとともに出現するband " Floral Frutiy " 北インド古典楽器 サントゥール、タブラ、サロード & タップダンス 日本・海外でそれぞれ独自の音楽活動を続けるメンツが集まり 共鳴しあい幾度かのセッションを重ね 昨年バンドとして始動。 インドの古典音楽スタイルをベースに、様々な音楽をごった煮、進化中。めざすところは、唯一無二のボーダレスミュージック & 春の風物詩。インド古典楽器+タップダンス=Floral Frutiy 必見必聴の価値アリ!!
 飛ぶ鳥落とす勢いのgenkosaiBAND、当店おなじみエミちゃんと宮下も登場します!

5/9(土) 
新企画!「After h'Our Rock」

20:00~ No Charge
【DJ】makizoo、他。

いろいろ聞いた僕らの思うみんなのロック。

まあ別にロックじゃなくてもいいんだけど。
なんでもありのオールジャンルのイベントをやりたかったので。できたら隔月ぐらいで続けたい。

30~40分ぐらいのワンセットを、各自何らかの小テーマでまとめていただきたし。
全体の大テーマはとりあえずなし。

店主の希望としては、普段お店でかからないようなものが聞きたい。メタルとかパンクとか全然持ってないから聞きたいなー。最近は80'sのサウンドにも興味が出てきました。

今回は今のところ、オークションAOR(かけ売り!)、ブラック・ロック特集、デイヴ・マシューズ・バンド特集、などが挙がっております。

みなさんの面白がれる切り口で、どんな音楽でも面白く聞かせてください。レコード、CD、カセットテープ、メディアは何でもいいです。DJに初挑戦したいという方もぜひどうぞ。

5/10(日)
「アイリッシュ・セッション#7」

夕方より No Charge

 フィドル椎野さん主宰のマンスリー・セッション。わらわらと参加者が集まってきて、生楽器だけの音楽が鳴っている。知ってる曲には参加し、知らない曲は弾かずに聞いていればいい。だからたくさん曲を知っている年配者がずっと弾き続けることになる。曲によって音量が変わる。電気もボリューム調整も要らない。それぞれの楽器はちょうどよい音量をちゃんと持っている。素晴らしい。贅沢な時間だ。楽器奏者じゃない方もぜひどうぞ。

5/15(fri) 
「asuka & ARI in 藤沢! presents by 'Sky Pond Journey'」

20:00〜 チャージ:投げ銭

☆Live asuka & ALI 
☆Dj Sky Pond Journey(ABESTREEM&TAIZO)
 夜の東京から届けられた新たなるサウンドトラック....。1stアルバム『mellow mood』をリリースしたばかりのasuka andoが藤沢に唄いにやってくる!パーティーの脇を固めるのは、藤沢のDJ潮騒のメモリーズことSky Pond Journey!!

5/16(土)
「何か様子がおかしい音楽会」

 開場19:00/開演19:30 チャージ¥2300

【出演】NolenNiu-de-Ossi/アノアとペロ
 関西の男女二人組を迎えて、アノアとペロの新企画!

5/17(日) 「Voices Inside vol.87」
稲荷町ソウルレビュー LIVE!

open 18:00 / start 18:30
charge : 投げ銭

【DJ】二見潤、新井崇嗣、文屋章
【出演】ティーチャー・アンド・ザ・稲荷町・ソウル・レビュー

今回の「Voices」はライブ付!いつもは土曜日ですけど、日曜の早い時間からですのでお間違えなく!

現役の牧師であり、メンフィスに牧師留学の経験もあるというティーチャーさん率いる6人編成ソウル・バンドがやってきます。

ライブ前後はいつものようにレコード回します。今回は都合により顧問の関根さんが来られないということで、助っ人に2ヶ月連続の新井さん(翻訳者)と、最近毎月お世話になっている文屋さんがDJしてくれます。

どうぞお楽しみに!


5/24(日) 龍麿円形劇場

6/6(土) 「広島&岡山ナイト」

6/7(日) TBA(中野督夫)

6/13(土)「藤沢歌謡会 13」

6/14(日)TBA(憲法イベント)

6/19(金)TBA(スカポン)

6/20(土)Voices Inside

7/5(日)カオリーニョ藤原と中島徹

7/18(土)Voices Inside

8/2(日) 「大地曳網大会!」
 於、鵠沼海岸堀川網
今年もやります地曳網!「田火田」と共同開催。予定あけといてね!

8/8(土) TBA(歌謡会)

8/15(土) Voices Inside

8/30(日) TBA(今西太一)

 芸術は可能性。プロもアマチュアも関係ない。いいと思う音を出せ。開いたらまた閉じればいい。日本がムラ社会ならポップスはムラの音楽。排除も好き嫌いもない。気持ち悪いものがいつの間にか気持ち良くなる。それが音楽の力だ。
[PR]
by barcanes | 2015-04-14 04:41 | イベント | Trackback | Comments(0)

6回目の「アイリッシュ・セッション」

今日はマンスリー6回目の「アイリッシュ・セッション」、わらわらと参加者が集まってきて、生楽器だけの音楽が鳴っている。知ってる曲には参加し、知らない曲は弾かずに聞いていればいい。だからたくさん曲を知っている年配者がずっと弾き続けることになる。曲によって音量が変わる。電気もボリューム調整も要らない。それぞれの楽器はちょうどよい音量をちゃんと持っている。素晴らしい。贅沢だ。

決して皆さんすごく上手というわけではないけれど、上手ってなんだろう。音楽は上手下手ではない。上手だから人は聞きに来るのか。好き嫌いでもない気もする。だって好きじゃなかったものが好きになったりするから。芸術は可能性。ポップスは村。日本がムラ社会ならポップスは村の音楽。良くも悪くも小さくまとまってしまう。まとまることを目指しすぎると排除がはじまる。可能性を取り込みながらどうまとめるか。そしてキレイなものにしようとしてしまっても、濁ったものより良いとは限らない。下手よりは上手の方がいい、っていう意見もあるけど、下手にしかないものがある。そして嫌いなものを排除できない。気持ち悪いものが、いつのまにか気持ち良くなる。それが音楽の力だ。臭いものが美味くなる、それは味覚の力。

今日は見事に、セッション参加者ではない来客もミュージシャンばかりだった。レジェンドと現場を抜け出してきたシンガー、ダンエレクトロ弾きから芸術家まで。変人はみんな芸術家を名乗ればいい。プロもアマチュアも関係ない。FMは局によって周波数が違うから音が違うって知ってましたか?スネアを表と裏でマイキングしたら位相を逆にしろって、そんなこと普通アドバイスされる?僕は知ってはいけないことを知ってしまった気がする。知ってしまったら、聞こえ方が変わる。今まで聞こえなかった音が聞こえる。僕の聞こえ方が正しいかなんて誰にも判断できないことだ。だから正しい。正しいとはそういうことなのだろう。いや、正しい可能性がある、というべきか。お前の音を出せ。閉じてあたためていたものを開き、開いたものをまた閉じろ。それはお店のようなことでしょうか。

最後にケンカを売りに来た来客があったので、ムカッときたので早じまい。ノイズを楽音に変えることがまだまだできない。ノイズはノイズとして、排除したくもなるけど受け止める。もしかしたら悪いやつじゃないかもしれない。だといいけど。ご近所だから。あ、ちょっとグチになってしまった。

あと、昨日気づいたことがあった。やっぱり顔が見えなきゃ。手元を見てるようじゃ始まらない。

[PR]
by barcanes | 2015-04-13 02:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)