<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月のイベント予定

12月は盛りだくさんでお送りしますよ!みなさんぜひご参加ください!

11/30(金)
「ほほえみ歌謡ナイト」
MC:たーてよーこ DJ:かずまっくす、岩切さん
10pm~2am No Charge
USTREAM中継します。
リクエスト、メッセージお待ちしてます!
hohoemi@barcanes.com

12/5(水)
「冷やかし歓迎!藤沢水曜音楽酒場 at bar cane's」
DJ : captain bob, G.
隔月偶数月第一水曜開催のノーチャージ、1杯歓迎イベント
次回は藤沢界隈でDJやデザインで活躍するG.ことゴウ君を招いて
ロックな選曲でお届けします。70'sからNew Waveまで何が飛び出すやら!
20:30 Start No Charge

12/9(日)
「新潟ナイト」
出演:クマガイマコト(from新潟)、金滋光 with 木村誠吾(p)、近田心平
DJ:宮井章裕(sandfish records)
20:00~ チャージ:投げ銭 (新潟の米菓付き)

12/13(木)
「ビロビジャン with トシバウロン」
ビロビジャン:小松崎健(ハンマーダルシマー)、長崎亜希子(クラリネット)
トシバウロン(バウロン)
20:00~ チャージ¥2000(ドリンク別)

12/15(土)
「Voices Inside Tribute To Sam, Otis, JB~ソウル・ジャイアントを悼む~」
シンガーであり、ソングライターでもあり、プロデューサー的存在でもあったソウル界の3巨人、Sam Cooke, Otis Redding, James Brownを特集します。
Disc Jockey:二見潤 ゲスト:関根雅晴さん、higurashi大野さん
21:00~ No Charge

12/17(月)
「年忘れ たじろっく感謝祭!」
出演:モーフの旅、まえかわとも子、moqmoq(オカザキエミ)、宮下広輔、宮武理恵、tsk (DJ)、田尻有太(補欠)
20:00~ チャージ¥1500

12/24(月祝)
「ブラックXmas 2012」
今年もやりますブラックXmas 2012
あの黒い軍団が今年もパワーアップしてやってきます。
ブラック団長浅見卓也を筆頭に、
黒い事大好きな二見潤
腹黒番長カズマっクス
がお送りする黒い聖夜。
あのお土産もあるよ\(^o^)/
21:00~ No Charge

12/30(日)
「ダメ男ナイト featuring 今西太一!」
今西太一、今年最後のライブはCane'sで!ライブの後はダメな音楽を聴きながらこの一年を反省します!
20:00~ charge¥1500
[PR]
by barcanes | 2012-11-28 01:23 | イベント | Trackback | Comments(0)

「北のシニガミ祭り」

c0007525_3212081.jpg
え:task画伯

春に行われた南口のスペイン酒場roquette DELI(以下ロケデリ)の名物イベント「死神祭」の名前とコンセプトをお借りして、北口版の「シニガミ祭り」をやらせてもらうことになりました。ロケデリのイベントはいろいろなお店も参加し、ライブあり、DJあり、素人もOKと自由な雰囲気で、そのスタイルを踏襲させてもらいました。

そもそも「石上」と「シニガミ」の語呂をかけ、人通りの少ないヒマな通りを揶揄したネーミングのイベントということですが、シニガミ具合ならこの北口、湘南高校通りも圧倒的に負けておりませんので、そこは自信を持って、このイベントの趣旨を遂行させていただこうと思います。

世間に蔓延する「死神」に負けず、むしろ讃え祀り上げることによって、死と裏腹の「生」を見出していこうというイベント(なはず)です。「シニガミ」と仲良く、みんなで盛り上げていけたらいいなと思います。

今回もお店対抗バンド合戦「藤ロック」「藤サワーソニック」に引き続き、仲良しのお店「ロケデリ」と「サウサリート」のバンドが参加してくれます。当店からは毎月やってるソウル・イベント「Voices Inside」のDisc Jockeyでおなじみの二見潤バンドとして参加します。メイン・アクトにはリトルキヨシ君がエレキギターの弾き語りで、いつもと変わらず気合の入った演奏をしてくれるはずです。キヨシ君を見たことない方々にもぜひ見てもらいたいと思ってブッキングしました。

DJ陣の中で今回の目玉は、マキゾーことマキちゃんがいつもはやらないロックンロール/ハードロックをかけてくれます。二見さんも今回はいつもと違うロックな選曲になることでしょう。デテコイヤーズのドラムでもある原田くん、「ダメ男ナイト」主宰のtskの選曲も楽しみです。

深夜12時ごろにはとりあえずイベントが終了し、その後は第2部として「田火田」チームの面々が何かやってくれそうな感じです。タイムテーブルは以下のような感じで組んでみました。ライブとDJと、いつもより早い時間から長時間にわたって、ダラダラとのんびりやってみたいと思います。入れ代わり立ち代わりでかまわないので、みなさんぜひ遊びに来てください!

timetable(予定)
17:00 open 
     (dj) tsk
     (O.A.) ゲン&kzmx、迎君&フラメンコ
18:20 (Reading) 宮井章裕(sandfish records)
 18:30 (dj) 二見潤
19:00  (live) デテコイヤーズ(roquette DELI)
 19:30 (dj) tsk
 19:45 (dj) taizo
20:15  (live&dj) Art Vivant(sausalito)
 21:00 (dj) MAKIZOO(RR)
21:30  (live) 二見潤とサウス・トゥ・ノース(Bar Cane's)
 22:00 (dj) tsk
 22:15 (dj) 二見潤
22:30 (live) リトルキヨシ
 23:15 (dj) MAKIZOO(HR)
 23:45 (dj) taizo
24:15~ 第2部(飛び入りなど)
[PR]
by barcanes | 2012-11-25 21:49 | イベント | Trackback | Comments(0)

今月の「Voices Inside」は

毎月第3土曜日にアナログ45回転7インチ・シングル盤を中心に、いまや名物となりつつあるホストDJ二見潤のスピーチと共に、毎回違ったテーマに沿いながら、主に70年代までのソウル、R&B、ブルーズを聞かせるイベント。それが「「Voices Inside」です。

今月の「Voices Inside」は、YAZAWAさんをゲストに、ずばり"Soul"をテーマにお送りする予定です。テーマが漠然としている分、今回から少々パワーアップしていこうと企んでおります。

我々が音楽に求めるものとは、なんでしょうか。ありきたりな音楽に飽き足らず、聞いたことのない音楽を欲し、あるいは好きな音楽を何度も聞き、できたら良い音で、オリジナル盤の迫力を求め、当時の空気を吸おうとし、好みの酒を飲みながら、あーじゃないこーじゃない言いながら、知らなかった情報に印象を新たにし、曲にこめられた制作者たちの思いを分かち、そうして我々が音楽に求めるものは、それはやはり感動というものなのではないでしょうか。

生演奏のライブとは違い、レコードを聞くという音楽体験はあくまで個人的なものなのかもしれません。しかし、音楽を聴取するのはライブであろうと録音物であろうと、聴くものの耳(と脳みそとそして感情)であることに変わりはありません。我々は音楽の持つ生々しさをレコードからも感じ取ることができるはずです。ましてや、よき時代の録音物は、やり直しの効かない一発録りの集中力と緊張感に満ち、ミュージシャンのみならず録音エンジニアの技術が存分に発揮されています。レコードにライブ以上のものが存在する(かもしれない)ということは否定できないことです。

盤面に込められたその音楽の時空の一瞬を、この現在のこの空間に解き放つこと、それがまさに再生ということ。我々がレコード音楽を再生することとは、その生々しさを生き返らせ、しかし、当時と現在の間に確実に存在する「ズレ」というものをレコード針の摩擦と共に、それを受容することです。その「ズレ」は必ずしも否定的なものとは限りません。過去の芸術作品が現代にこそ意味を見出され、その意義を発揮するのと同様に、その現場に立会い得なかった我々とその音楽との距離があるからこそ、その距離(ズレ)を越える聴取の手助け(演出)をどのようにしていくかにかかっているのです。

過去の録音物を聞く、ということに我々はこだわっていきたいと思います。そこには懐古趣味とは確実に一線を隔するものがあるからです。それを、ありきたりな言葉ですが感動と呼ぶのであれば、我々はやはり音楽に感動をこそ求めているのではないでしょうか。

我々は音楽に感動するイベントを目指していきたいと思います。

今後の「Voices Inside」にご期待ください!

11/17(土)
「Voices Inside~"Soul"」
Disc Jockey:二見潤 ゲスト:YAZAWA
21:00~ No Charge
[PR]
by barcanes | 2012-11-17 02:37 | イベント | Trackback | Comments(1)

「NOUMAN+清野美土」ライブ

当店にはアイリッシュ・バンド「John John Festival」や、ハンマー・ダルシマーとクラリネットのデュオ「ビロビジャン」などで何度も来てくれているバウロン(アイルランドの太鼓)奏者のトシバウロンさんが、またイベントを企画してくれました。トシさんはバウロンを叩きながらのスキンヘッドのヘッドバンキングが度肝を抜くプレイスタイルもさることながら、様々な音楽にケルト的なルーツをイメージさせ、それらの共通性の地点から新しい音楽を生み出していくような、まさに過去と未来をつなぐような時空を越えた音楽の提示の仕方をしてくれる、ふところの太いミュージシャンです。パーカッション好きの方にもぜひ見ていただきたいと思います。

さてそのトシさんの別ユニット「NOUMAN」は当店初出演で、私もどんな感じになるのか分かりません。ブリティッシュ・フォークのような感じなのか、映画音楽のような、世界のどこかに連れて行かれるような、映像的なサウンドになるのか、楽しみです。

ゲストはこの夏スペインの音楽フェスのコンクールで優勝したという「ハーモニカ・クリームズ」のハーモニカ奏者清野美土さん。この人のハーモニカ凄いです!「ハーモニカ・クリームズ」もトシさん参加のグループで、「Celt×Blues」という文字がCDジャケットに書いてあるとおり、10穴ハープですさまじいアイリッシュ・フレーズを吹きまくりながら、どこかやはりブルーズを感じさせる不思議なサウンドが印象的です。

オープニング・アクトには当店おなじみのmoqmoqことオカザキエミが弾き語りで登場します。

11/16(金) 藤沢 Bar Cane's
OA moqmoq

19時open / 20時start
2000円(ドリンク別)

みなさんぜひいらしてください。

以下は、トシさんからのインフォメーションです
-----------------------

NOUMAN+清野美土

1st albumのセールスも順調なNOUMANが関東ツアーを決行。

今回は今年の夏にスペインフェスを制したHarmonica Creamsのリーダーで、
今最も注目を集めているハモニカ奏者、清野美土を迎えて3daysライブを行う。

双方が熱望していた組み合わせによるライブ。この機会に是非!


NOUMAN

伝統のその先へ、プリミティブな音を

ギター&ボーカルの福江元太とバウロン(アイルランドの打楽器)&ボーカルの
トシバウロンによるシンプルかつ強力なDUO編成のユニット。

古いスコットランドやアイルランドの歌、そしてオリジナルのインストチューンなど、
レパートリーは多岐に渡るが、そのどれもが、真っすぐに心を揺さぶる根源の力を追求している。

1st pvが完成しました! 
http://www.youtube.com/watch?v=FY1FTIlDF8c&feature=player_embedded


c0007525_3544368.jpg

c0007525_355699.jpg

[PR]
by barcanes | 2012-11-16 03:53 | イベント | Trackback | Comments(1)