ファン研なんでカバーやねん特集

9/27(水)


c0007525_13572427.jpeg

先日9/8にGenさんの金曜日でやったカバー特集「誰のカバーやねん?」に触発された我らがファン研部長、平日水曜日のFunk研究会開催第6回目。ファンク関連で60曲以上用意してきてくれた。歌詞や日本語訳を読みながらFunkを聞く、っていうのが意外にも面白かった。シンセFunk全盛の時代に、声だけマシン化させてそれ以外は肉感的なブラック・ミュージック度を残したZAPP/ロジャーのソウル愛が特に印象的だった。


いつも入念に準備してきてくれながら、当日その場で流れを変えてくる即興力を見せてくれるファン研部長だったが、この日は「失敗するぐらいがちょうど良いんだ」と言い残して終演。音楽をうまく聞かせるというのは簡単ではないと思うけど、気張りすぎずに気持ちの流れでレコードをかけてくれるというのがカウンターDJの気楽で面白いところだと思うのです。


しかし私と言えば2日後に迫ったカセット発売に頭がいっぱいで、ちょっと申し訳ない気もした。前日からダビング量産を始め、この日は”JBK Records“のチラシを作ったり、朝まで作業してカセットのインデックスやラベルはほぼ完成。金曜日のライブまでになんとか間に合うだろう。

c0007525_13580963.jpeg


[PR]
by barcanes | 2017-11-14 13:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/28256252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 当店のレコード棚 【イベントのお知らせ】11/1... >>