“Next to Silence Trio”カセット試聴音源、そして通販もいたします!

c0007525_05301975.jpeg


田尻有太(アップライト・ピアノ)、沢田穣治(アップライト・ベース)、沼直也(カセット・ドラム)による「小さい音」のピアノトリオ“Next to Silence Trio”、Bar Cane‘sにおける完全生音ライブを収録したカセットテープ・アルバム、ついに完成!


Next to Silence Trio / From Silence (Live at Bar Cane’s)

Side A : 1. From Silence 2. Empty 3. 夏涼み Natsu-Suzuki Side B : 1. Ghost in the Rain 2. Part 2d 3. 海とクジラ Sea and Whale


「線引きに支配されない者たちのためにこのような音楽はある。

それは静寂から生まれ、静寂のすぐ隣に存在しているのだ。」


ダイナミック・マイクによる録音、PC不使用、リバーブなど最低限の機材を使って編集、カスタムメイドのパッシブD/Aプロセッサー「イシヅカトランス」で音を整え、80年代のカセットデッキで一本ずつテープ・オフした、非常識で時代錯誤なハンドメイド・カセット・ミュージック!


6曲入り、46分ノーマル・カセットテープ。カセット未収録のボーナストラック3曲を含めたデジタル音源全9曲をインターネット上(SoundCloud)で聞くことのできるURL付き。ご希望の方にはMP3ファイルでのコピー・サービスもいたします。


Next to Silence Trio / From Silence (Live at Bar Cane’s) (JBK001) ¥2800

c0007525_05501941.jpeg


***********


先週リリースしたJBK Records渾身のカセットテープ第一弾、“Next to Silence Trio”のボーナストラックを含めた全9曲のダイジェスト・ミックスをピアニスト田尻有太本人が作ってくれました。


サンプルだから5分にまとめろ!と言われながらの12分のエディットですが、これはこれでひとつの作品となっております。音源を何百回と聞いた私にはそのハイライト選びとつなぎ具合がよく分かります。



こちらはアルバム1曲目をカセットテープのアウトプットから直接デジタルに落としたサンプル音源です。カセットっぽい音になるかと思ったら、ほぼ原音マスターと遜色のない出音になりました。

いかがでしょうか。演奏については多くは語りません。これをジャズとか現代音楽と呼んでもいいし呼ばなくてもいい。小さな音から始まる、我々の時代の新しいコンテンポラリー・ミュージックです。①と⑥は完全な即興であり、他のコンポーズされた楽曲も音量差に富んだまさに当意即妙な即興性によって自ずとアレンジされてゆく。飽和した音楽から静寂の自由へ。ダイナミクスと抑揚の領域が我々にはまだ残されている。


興味を持っていただいた方はぜひご注文ください。今なら配送料無料でお送りします。お支払い方法などメールでお問い合わせください。

Jbk@barcanes.com


お買い上げのために当店まで足をお運びくださる方には、ビール一杯(ソフトドリンクも可)サービスいたします!



[PR]
by barcanes | 2017-10-07 05:28 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/27873615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Thelonious Monk... 息が合うのも合わせるのも運次第 >>