地引網の中止についての所感

8/3(木)



日曜日の地引網が迫ってくるのと同時に、ようやく「行けたら行くよー」という声がちょいちょい届くようになっていた。とは言うものの、今年の参加申し込みは10名にも満たない状況だった。田火田の方は30名以上の参加見込みということで、当日参加の期待も含めれば何とか赤字にはならないかな、というギリギリライン。前夜に田火田チームと準備の予算などについて話し合いつつ、まあ明日、網元に聞きに行けばわかることなので、それから決めましょうということになった。


夕方に網元のところに様子を聞きに行ったら、「ちょーどおめーんとこに電話しようと思ってただよー。ダメだなー!」と簡単明瞭。浜が晴れていても沖がダメならダメなんです。そういうことはたまにあることで、「まあ(網を)かければ何かしら引っかかるけどよ」ということですが、まあ無理は良くありません。海ですからね。


私も過去に地引に通っていたことがあるので、そんな予感はしてました。南海の台風の動きが怪しいので。しかも参加者の集まりも良くない。赤字も覚悟。なので中止になって、正直ホッとしているところです。


他の日にやるか?と言ってもらったのですが、週末のイベントの予定も入っておりますし、今さら皆さんの予定も合わないでしょうから、延期しての開催はやらないことにします。


楽しみにしてくださっていた皆さんには申し訳ない気持ちもあります。でも同時に、参加をご検討くださった皆さん、お仲間を誘ってくださった皆さん、参加者を増やそうとたくさん声をかけてくださった皆さんが少しでもいたということが、ありがたく感じられました。そんな気持ちをいただけるのも地引網の良さだったなと、思い出しました。


過去10数回やってきて、初めての中止です。寒い日に当たったこと、小雨に降られたことは何度もありましたが、考えてみたらこれまで一度も台風に遭わなかったというのも不思議です。運が良かったのでしょう。これで運も尽きたか、とも思えますけど、今回赤字にもならなかったのだからまだ私も運に見放されてないのかもしれません。変なポジティブの使い方でしょうかね笑。


でも同時に、赤字でも得られたかもしれないものを逃してしまうのかもしれない。年に一度か数年に一度ぐらいしか会えない人たち、昔の友達、もうお店になかなか来られなくなってしまった人たちに会えるかもしれない。そんな機会も失ってしまう。今いるお客さんたちの交流や新たな出会いみたいなものもなくなってしまう。


でも参加希望者が10人にも満たなかったということは、もうそのような機会は求められてはいないということだから、やはりそんな役目も終わったのだと思います。準備もお金の心配も自分にとっては大変で、負担に感じるようになってしまいました。なっちゃんもそんなに残念じゃなかったようだし。そんな諸々の予感もしていました。なので来年以降も多分やらないと思います。


これまで10数回の地引網、最後は中止という形になってしまいましたが、これまで来てくださった全ての皆さまに感謝しておきたいと思います。いろいろありがとうございました。たくさんの思い出がありますが、振り返ると過去に引きずり込まれてしまいそうので、やめときます。っていうかオレ、地引屋じゃないんで!海には皆さん勝手に行ってください!(逆ギレ。)


それにしても自分の集客力のなさも遂にここまできたか。皆さんそれぞれの活動に忙しく、そして娯楽も多いですしね。悲しくはありません。分かってます。それはそれで、今後も何とかやっていくしかありませんから。


さて、これによって土日がヒマになってしまった。どーしよーかなー。

c0007525_13505294.jpg
在りし日のワタクシの背中。今後地曳網を引っ張ることがありましたら、このように後ろ手に引くのがオールドスクールです。


[PR]
by barcanes | 2017-08-04 13:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26865155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【お知らせ】8/6(日)「地曳... やめた/やめないワンマンショー! >>