Forty Four Blues

7/9(日)



c0007525_22161534.jpg

この日かけたCDとレコード。何枚かけたか検証してみました。



イントロ、Stray Cats Live(1990) (NHKのTV音声のカセット録音)


1. Genesis / Invisible Touch (1986) "Throwing it all away"


2. U2 / Rattle And Hum (1988) "When love comes to town"


3. Tom Waits / Bootleg (1975) "San Diego serenade"*


4. Bruce Springsteen / Live Collection (1986) "Incident on 57th street ~ For you"*


5. Bob Dylan / Before The Flood (1974) "Don't think twice, it's all right"*


6. Various Artists / Picture Rags (Transatlantic/東芝EMI 1972) "Reverend Gary Davis "St. Louis tickle"


7. Roots Of Rhythm And Blues : A Tribute To The Robert Johnson Era (Smithsonian/Folkways/SME 1992) "Sweet home Chicago (Johnny Shines)"*


8. The Butterfield Blues Band / Live (1970) "Everything going to be alright"*


9. Hound Dog Taylor & The HouseRockers / Beware The Dog! (1976) "Give me back my wig"*


10. Doug Sahm / Live (1988) "(Is anybody goin' to) San Antone ~ Papa ain't salty no more"*


11. Fleetwood Mac / Greatest Hits (1989) "Albatross"


12. The Chieftains / The Long Black Veil (1995) "The lily of the west" w/ Mark Knopfler


13. Richie Havens / On Stage (1972) "Tupelo honey ~ Just like a woman"*


14. The Allman Brothers Band / 2nd Set (1995) "Soulshine"*


15. Little Feat / Little Feat (1971) "Forty four blues ~ How many more years"


潤くんの4曲

WAR "All Day Music"

The Isley brothers "Love The One You're With"

Al Green "Sha-la-la (Make Me Happy)"

Candi Staton "How Can I Put Out The Flame"


16. Ry Cooder - Live / 6 Song Album Extra Price "Crazy 'bout an automobile (Every woman I know)" (1981)*


17. Joseph Spence & The Pinder Family / The Spring Of Sixty-Five (1992) "The Crow"


18. Tuck And Patti / Tears Of Joy (1988) "Time after time" 


田尻ソロピアノ25分


19. Daniel Lanois / For The Beauty Of Winona (1993) "The messenger"


20. Jelly Roll Morton (Everest Records Archive of Folk & Jazz Music) "Jelly Roll Blues" (1924)


21. The Dirty Dozen Brass Band / Jelly (1993) "Jelly's jazz ~ Georgia swing"


22. Danny Barker / Save The Bone (1988) "When your smile"


23. Rebirth Brass Band / We Come To Party (1997) "Let's get it on"


24. The Wild Magnolias / ワイルド・マグノリアス・ファースト (1993) "Handa Wanda (1973)"


25. The Neville Brothers / Live On Planet Earth (1994) "Congo square"*


マキちゃんの4曲

スプリングスティーン ”Tunnel of love”、キース・リチャーヅ "Talk is cheap"、ジョニ"Dog Eat Dog"、ヴェルヴェッツの「ワイルドサイドを歩け」


26. Primitive Radio Gods / Rocket (1996) "Standing outside a broken phone booth with money in my hand"


27. David Lindsey + Hanoi Naser / Live In Tokyo (Official Bootleg) "Bon ton Roulie"*


28. Ali Farka Toure / The Source (1992) "Goye kur"


29. Papa Wemba / Emotion (1995) "Fa fa fa fa fa (Sad song)"


30. Bob Marley & The Wailers / The Birth Of A Legend(1963 - 66) "One Love"


31. Lucky Dube / Prisoner (友人がダビングしてくれたカセット)"Prisoner" (1989)


32. Janet Kay / Love You Always (1993) "Missing you"


33. Buena Vista Social Club / EP (1997) "Mandinga"*


34. Lecuona Cuban Boys (Harlequin, 1989) "La conga de la Habana"


35. Deep Rumba / Promotional_Material "Sunsihine of your love"(1998)


36. The End Of Violence / Songs From The Motion Picture Soundtrack (1997) DJ Shadow "Untitled Heavy Beat (Part 1 & 2)" ~ Medeski Martin & Wood "Disrobe"


日付変更線 

37. The Chi-Lites (12inch) "Happy Birthday (Once Again) (1994)


38. The Beastie Boys / Root Down EP (1995) "Sabrosa"*


39. David Byrne / Feelings (1997) "Miss America"


40. The Pogues / Fairytale Of New York (1991) "Maggie May"*


41. Elvis Costello With Burt Bacharach / Painted From Memory (1998) "What's her name today?"


42. Cassandra Wilson / New Moon Daughter (1995) "Harvest Moon"


43. Boys On The Side / Original Soundtrack Album (1995) Indigo Girls "Power of two"


44. Phenomenon / Music From The Motion Picture (1996) Aaron Neville Featuring Robbie Robertson "Crazy Love"


45. The Last Time I Committed Suicide / Soundtrack Album (1997) Charles Mingus "Better get it in your soul"


46. Thelonious Monk / It's Monk Time (1964) "Lulu's back in town"


47. 渡辺貞夫 / Swiss Air (1975) "Masai Steppe"*


48. Christian McBride / A Family Affair (1998) "Family Affair"


49. The Pharaohs / Awakening (1996) "Damballa"


50. Courtney Pine / Underground (1997) "Modern day jazz"


51. Kenny Garrett / Simply Said (1999) "G.T.D.S."


52. Wayne Shorter Featuring Milton Nascimento / Native Dancer (1975) "Ponta de areia"


53. Caetano Veloso / Noites Do Norte (2000) "Zera a Reza"


54. Mark Ribot Y Los Cubanos Postizos (The Prosthetic Cubans) (1998) "Postizo"


55. Phish / Farmhouse (2000) "Farmhouse"


56. Soulive / Turn It Out (2000) "Nealization"


57. The Roots / Do You Want More?!!!??! (1994) "Datskat"


58. The Brand New heavies / Brother Sister (1994) "Midnight at the oasis"


59. Toni Braxton / Secrets (1997) "Un-break my heart"


60. Roberta Flack / Blue Lights In The Basement (1977) "The closer I get to you" w/ Donny Hathaway


61. Curtis Mayfield / Live! (1971) "People get ready"*


62. Kelly Price / Soul Of A Woman (1998) "Friend of mine (remix)" Featuring R. Kelly & Ronald Isley


63. The Whispers / Song Book Vol.1 - The Song Of Babyface (1997) "Can we talk"


64. Keith Sweat / Keith Sweat (1996) "Twisted"


65. John Boutte / At The Foot Of Canal Street (1999) "A change is gonna come"


とりあえず本編終了&延長戦


66. Mose Allison / Gimcracks And Gewgaws (1998) "Old man blues"


67. 泉谷しげる / ひとりフォークゲリラライブ (1993)「涙を獅子のたてがみに」


68. Blind Willie Johnson / Praise God I'm Satisfied (1989) "Dark was the night - cold was the ground"


69. Kelly Joe Phelps / Shine Eyed Mister Zen (1999) "The house carpenter"


70. Shawn Colvin / A Few Small Repairs (1996) "Sunny came home"


71. Rickie Lee Jones / Flying Cowboys (1989) "Satellites"


72. Quetzal / Quetzal (1999) "Chicana Skies"


73. Saba Nova De Nouvelle Vibe (Compilation 1998) George Gruntz "Buanuara"


74. Michel Camilo / Thru My Eyes (1997) "Oye como va"


75. George Adams = Don Pullen Quartet / Earth Beams (1980) "Saturday nite in cosmos"


76. Sadao Watanabe (featuring Richard Bona)/ Sadao 2000 (2000) "Te Misseya" 


77.  Herbie Hancock Wayne Shorter / 1 + 1 (1997) "Aung San Suu Kyi"


78. Joao Gilberto / Joao Voz E Violao (1999) "Desde que o samba e samba"


79. Choro Club / Brasiliana (2000) "Akai Hana"


寝てたアニキ起きる

Sly And The Family Stone / Anthology   "Hot fun in the summertime" ~ "Thank you (Falettinme be mice elf again)"


80. The Isley Brothers Featuring Ronald Isley / Mission To Please (1996) "Floatin' on your love"


81. Albert King / I Wanna Get Funky (1974) "Cross cut saw"


82. Clarence Gatemouth Brown / Gate Swings (1997)  "Midnite Hour"...


(*Liveバージョン 計17曲)



というわけで、82枚かけておりました。歳の数など全くカンケーなくなってしまいましたが、厳選するのはとても難しく、直前になって諦めてしまいました。ボツになったのも100枚ぐらい出てしまい、どれも思い出のあるアルバムばかり、意外とあるもんでした。前半は特にライブものが多く、それ以外にもワンテイク的な生演奏ものが多いのは、やはり今につながっていると思わないわけにはいきません。


1アーティスト1曲と決めたのに何故だかナベサダが2曲になってしまったり、最近あまり聞いてないものをかけようということであえて外したアイズレーズやWARやストーンズやジョニなどを潤くんやマキちゃんがかけてくれたり、もっと他にいい曲あったなとかかけられなかったものとかいろいろありましたが、まずまずの流れで最後までやりきりました。


苦肉の策の、でっちあげ的な企画でしたが、にもかかわらず多くの方に来てくださって、とてもありがたかったです。わざわざ来てくださった沢田さんが、「でっちあげでも何でもいいからイベントにすればいいんや」とのメッセージを眼差しで送ってくださり、最後は開店間際の頃のショーロ・クラブのアルバムまでたどり着き、朝4時までかかって2001年の開店にこぎつけました。


ちょうど90年代後期R&Bに嫌な思い出を喚起されて寝てしまったアニキが目を覚ました。音楽の持つ力とはなんだろね。いくら言葉を尽くしたって職場の人間とだって通じ合えない。本編でも述べた通り、自分がいかにテレビや雑誌のセルアウトな記事にやられてきた薄っぺらな人間かと思い知らされる気もするけど、それでも知りたかったんだろうと思う。自分の知らない世界のことを。言葉じゃなくて。ただの知的欲求だっただけかもしれないけど。


そして最後はこの日いただいたプレゼント、美空ひばりの「川の流れのように」とそのB面曲「あきれたね」に秘められた謎のメッセージについて意見を交わして朝5時。


レコード計10枚に未開封のメタルテープ、ケーキやお酒など、たくさんのプレゼントをいただきました。助っ人DJをやってくれた潤くんマキちゃん、ピアノ弾いてくれた田尻も、みんなありがとう。


最後に、これも誕生日にいただいた本の中から、いくつかの単語の置き換えが可能ならリスニングにも当てはまるかもしれない、至極の山の言葉。


「登山は、肉体によって精神を語る行為だ。動機や理由付け、充足や懐古は、行為を説明するための装置に過ぎない。現在只今の進行形のみが登山だと言える。だから理解されにくいし、評価がずれる。当人にしか分からないのだ。」(和田城志「剱沢幻視行 山恋いの記」東京新聞 p.116)


c0007525_22192192.jpg

そしてボツCD3山。



(参考資料)リスニング略史年表

中2、初めて自分で買ったCDはたぶん斉藤由貴の「風夢」87年

中3、カイくんにいろいろ聞かされる。J-wave開局(88年10月)

89年高1、ギターを買ってもらう

高2 、Stones初来日TV中継(90年4月)

長渕剛オールナイトニッポン(90年8月?)

高3、ハーモニカの教本&ラグタイムの教本

浪人生、ディラン30周年(92年10月)TV放映、クラプトンのアンプラグド

93年大学入学、根津くん家、初めてのバンド、Woodstock映画

93年夏、堀川網、泉谷ゲリラライブ

93年10月、クラプトン来日公演 w/リッチー・ヘイワード。

あおによしコンサート『The Great Music Experience'94 〜21世紀への音楽遺産をめざして〜 AONIYOSHI』(TV94年5月)

Woodstock25周年衛星中継(94年夏)

フジテレビ”Into the music” (94、5年ごろ)ニューオーリンズ特集

Dirty Dozen(本牧ジャズ祭95年8月)

New Orleans ジャズフェス94or95(TV)

95年8月?Ry Cooder & David Lindleyファミリーバンド

Womad臨港パーク(95?)

初めての海外(97年1月2月)パリ&ロンドン

97年、大学5年フリーター生活

Beck時代(97〜8年)、正月に来店した老夫婦の家に行きレコードをたくさんもらう。

KEYNZ時代(99〜2000年)、タハラで3日バイトして辞めたけど2日目にサンプル盤を大量にもらう。小野島大の音楽ライター講座に通うも途中で嫌になって行かなくなる。

2000年6月日比谷野音Phish

2001年1月聖地巡礼(ニューオーリンズ&ハバナ)

2001年2月1日Cane's開店



[PR]
by barcanes | 2017-07-12 22:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26809571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フリークであれ!「つらい浮世」第二夜 【お知らせ】「44歳の誕生日前... >>