半年終わりの大祓え

6/30(金)



毎年この日は我が家の恒例行事、鎌倉の八幡宮に「夏越しの大祓え」。先に出た妻子と御成のコクリコで合流。小町のコクリコは建て直し中だそうですねー。この日のクレープはこれまで食べた中で3本の指に入る美味さ!あのちょっと大きめのお姉さんが作ってる時が当たりですね。外はカリッと内側ふんわり。いつもはラムチョコだけど、今日はコアントローチョコのコアントロー多め。お酒多めがポイント。

c0007525_15295191.jpg


八幡宮の池でカメにエサやりして、最終5時の大祓え。清めたまえ〜祓いたまえ〜で水(海)に流しちゃう感じが思想的には受け入れられないところもあるのですが、そこは夫婦間の信仰への理解というところ。茅の輪をくぐった後にお神酒がもらえるのは嬉しい。ということで今日のお神酒は、秋鹿のその名もズバリ「ひや」!7割精米の生酒。はい、これで皆さまも清めたまえ〜

c0007525_15301102.jpg


さて、久しぶりに見えた夫妻は「報告することが」と言う。「悲しい話じゃないですよね?」しばしの沈黙。10年住んだ藤沢を離れるとのこと。また離れ行くか。でももう悲しんだりしない!一緒にAZUMIさんの説法の録音を聞いた。「ちょうど時間と〜なり〜ました」ちょうどそんな時が巡ってきたのだろう。いろいろなものをこの店にもたらしてくれたことには何も変わりがない。


最近たまに見える同年輩の男性と、神社の話から郷土史の話など。鎌倉期以前の関東平氏と当時の推定地形。アジールとしての江ノ島、アジールとしての飲み屋。世の中とかけ離れた空間。かけ離れた会話。ダメな大人がダメさを出せる場所が必要なんです。子供に大人の顔をしなくちゃならなくても、大人なんてみんなホントはダメなんだから。ダメなのにちゃんとしたフリしなきゃならないばっかりだと辛いのだから。


ひととおりお客さんを見送った遅い時間に、残った深夜部員とこの日届いた段ボールを開封の儀。中から出てきたるは87年ごろのVictorの3ヘッドデッキV711だ。内部パーツ交換と調整済みの機体を手に入れた。ヤバイ!予想以上のサウンド。身体が震える感動。カセットテープの底力を感じた。もちろん酔っ払ってるので明日はどう思うか分からないけど、みんなビックリすると思う。ECMも夢じゃない。新たな次元に突入です。思わず部員とハイタッチ。


6月はこれで終わり。久しぶりにいい感じで過ごせた一月だった。今月は全部で13件のイベントをやり切りました。企画してくださった皆さま、ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。主観的な見方しかできない店主ですが、今月は何だかとても内容の良いイベントが多い月でした。熱量だとか魂だとかクオリティとか言うのとも違う、肩の力が抜けていて、だけど各々の趣味やテーマ感がじっとり染み出ていて、まさに最近の我々のブームは「ゆるディープ」。さて7月はどうなることやら!くよくよせずにしないで、良い月にしたい!



[PR]
by barcanes | 2017-07-07 15:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26796399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【お知らせ】「44歳の誕生日前... 自給自足 >>