遊びと仕事の二元論

6/9(金)



金曜日のカウンターDJシリーズに参戦してくれている「金ちゃんファミリー」のうち3人が6月に誕生日を迎えるということで、初の合わせて一本企画「ドロキラGen金」。ドロ金、キラ金、Gen金の順で6曲ずつ2回し半。(ってことは45曲ほど。)ドロFunkyスワンプ、ブルーアイドソウル、パブロックなど、いろんな曲がかかって楽しめた。趣味の方向性が違うタイプの3人が集まるとお互いに慮って、それぞれの守備範囲の端っこの方を持って来てくれたりするのかもしれない。合わせ技企画、面白いかも。


6月9日ロックの日ということで、特にGenさんは王道ロックまでロックな選曲。よく知られたような曲でも、こうしてDJのプレイの中で聞くのもいいものです。他人に淹れてもらうコーヒーと同じで。

c0007525_23063159.jpg


とは言え、私は数年ぶりにガッツリ飲み来店のアニキの対応に追われ、後半はあまり音楽を聞けなかった。でも自分が音楽を聞く余裕がないぐらいの時の方がお店としては良かったりする。自分の意識が音楽に傾きすぎると、お客さんに向けられなくなってしまうでしょうから。


でもそこがジレンマといいますか、ライブにしてもレコードにしても、せっかくみなさんが用意してくれた音楽を、どんなにお客が少なくても必ずここにいる聴衆の一人として、しっかり受け留めたいなとは思っているわけです。


そしてこのブログに何かしらの感想を持つことで一つのイベントが成立したのだという、企画から出演者の輪が結ばれる。でも私が些細な感想を残すまでもなく、何かしらの感想を持った人がそれを表さなくともいるのなら、私がその輪を閉じてしまうこともない。むしろ輪を閉じない方がよいのかもしれない。


つまりしっかり聞いてしまうと何かしら書いてしまうから、ガッツリ聞けないぐらいの方が開いたままの状態で良いのかもしれない、ということになりますね。みなさん、お店のためには私に音楽を聞かせないようにして下さい。お願いします笑。


そもそも自分の感想なんてたいした意味もないのだし、書きたくて書いているだけだから、書きたいことがないぐらいの方が良いってことかもしれない。なーんて行き詰まって、いつも一年ぐらい続くとブログが止まってはまた再開してを繰り返すわけだ。(今回は結構続いている。)


でもブログなんて書いてもお客が増えるわけでもなくむしろ変なこと書いてお客を減らすリスクの方が大きいから、無駄でしかない。時間も労力も本当に無駄だ。なんでやってるのだろう。まあ、売れない音楽と同じか。そのヒマあったらカネになる仕事しろよ。やりたいからやってるだけ。それで嫌われてもしょうがない、ってことでしょうね。なんだか関係ない話になってしまいましたが、これが基本スタンスで、それでいいと思ってます。


素晴らしいもの、人気の出るもの、カネになるもの、そんな評価の対象となるようなことを目指さなくていいんです。人目を気にせずに遊んだ子供の頃のように、でも大人だからちょっと気にするぐらいで、遊んでいればそれでいいんだと思うんです。音楽や文筆を仕事にしている人もいるのでしょうが、僕らにとってそれらは遊び。遊びを媒介とした酒場が僕の仕事、ということになります。


ということは遊びと仕事の二元論になってしまうのか。自分はこのお店で音楽を聞いたりいぢくったり、飲みたいお酒を飲んで喋って、毎日ほとんど遊んでいるだけだから、遊び一元論でいけるかなと思ってきたのだけど、やはり遊びに傾きすぎるとお店も傾きそうなので、それではどうもマズイってことになってきちゃいました。まあそれも実験実践の結果です。


たまに週末のイベントなどで忙しく働かせてもらうことが、とても有難く感じられるようになりました。そう、忙しく働かせてもらえることに感謝しなきゃ。陳腐な結論だなあ。つまらない。でもそんなことに今さらながら気付けるので、ギリギリの経営っていうのも悪いもんじゃないですね。



[PR]
by barcanes | 2017-06-19 23:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26752585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ファン研、宿題出てますよー 無理のないディープ感 Not ... >>