5年目の円形劇場

5/28(日)


毎年5月に開催している5年目の円形劇場は、龍麿3にトロンボーン奏者の佐野聡さんを迎えた4人で輪になって。P.A.のサカイさんにリハから全てお任せして、受付は小田原のトナカイさんがやってくれて、自分はカウンターの中でドリンク作りに専念できました。みなさんよく飲んでくださって、助かりました。写真はユカリさんが正面で龍麿さんは背中のカウンター目線です。


c0007525_12351844.jpg


c0007525_12354058.jpg

c0007525_12355676.jpg
個人的には昨日から貼りっぱなしだったFunk研究会の標語やカセットテープのことなどをMCで「この店は変だから」とお客さんたちの前でバカにしてくださったのを半分嬉しく思っています。

c0007525_12361915.jpg

笑い話で独壇場の佐野さんは、トロンボーンの他にクロマチックハープ、フルート、リコーダー、パンディロ、そしてハゲネタに指笛と、なんでもやっちゃうマルチタレントでらっしゃいました。

c0007525_12364172.jpg


終演後は今朝方に訃報のGregg Allmanをひとり追悼。とうとうオールマンズを見ることは叶わなかったが、98年に移転する前のブルーノートにソロのバンドで来たグレッグを最前列で見て、その後直接サインをもらえたのはいい思い出だ。私にとってグレッグはダメ男のアイドル、ダメ男界のスターだ。未発表バージョンだらけの2枚組アンソロジーは私のダメ男的愛聴盤。

c0007525_12371317.jpg

デュエインとベリーが亡くなってバンドが空中崩壊していた頃、ソロ作”Laid Back”を出した後のライブ盤は、20代半ばにしてフル・オーケストラを率いたSSW名演です。そして(おそらく)遺作となったのは2011年のブルーズ・アルバム。最後までダウンホームなブルーズだった。やはりグレッグはボビー・ブランドだったのだろうな。



[PR]
by barcanes | 2017-06-09 12:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26725856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キラ金バースデー・イブ! Funk研究会、新入部員を勧誘... >>