75〜78年のカンコン金!

5/26(金)


金曜日のカウンターDJシリーズ”Free Friday”第29弾は、”Voices Inside”顧問としておなじみの関根さんが、60年代からのリアルタイムな音楽体験をレコードを通してトレースしてゆくシリーズ4回目。今回はとうとう70年代後半に突入か!ということで、1975〜78年の4年間からの選曲となりました。3時間で約40曲。前回は50曲以上かかったので、一曲あたり(盤交換、MC含め)3分半から4分半へと、やはり曲の長さが長くなっていったことが分かりますね。FUNKやディスコ・ソウル全盛の時代ですもんね。


そんな時代に二十歳前後を過ごした関根さん、為替レートが変わり輸入盤が安く買えるようになり、日々の稼ぎをレコード屋に落とし、あるいは売っては買いを繰り返していたそうです。60年代から70年代と、ソウル・ミュージックの熱い時代をリアルタイムに感じながら過ごしていたことに、どうしても羨望を感じてしまいます。が、それも時代の問題ではないのかもしれないなと思ったりもします。


話は変わりますが、よくお店で70年代ぐらいのレコードをかけていると、「生まれてないでしょ!」とツッコミを入れてくださる諸先輩方がいらっしゃいます。それは諸先輩方がリアルタイムで聞いているからそうやってからかってくださるのですが、そうじゃなくてもこの店にあるレコードのほとんど9割方は自分にとって「あと聞き」ですから。生まれてるも生まれてないも、高校ぐらいまでほとんど洋楽聞いてないので、80年代だってあと聞きなんですね。


自分がモーレツに音楽を聞き出した20代だってほとんど流行りのものは聞いてませんでした。たぶんそれは同時代のものを即時に受け止められない自分の共感性の乏しさに原因があるのだと思うのです。もちろんそれは私だけではないのですが。ちなみに私が時代に追いついたのは98年から2003年あたり、20代後半の5年間ぐらいでしょうか。その後やはり、同時代のものを聞けなくなってしまうんですね。まあ資金力の問題でもありますけど。


しかしそんな関根さんも80年代が近づくにつれ、ディスコにやられて薄っぺらくなってゆく流行りのソウルに興味が薄れていくそうですから、それは結局僕らの趣味とも重なってくる。時代を超えてかの時代の価値観を共有できるということが、なおさらなんだか不思議な気がしてきます。


さてこの日のプレイリストは、潤くんが書記を務めてくれました。なぜだかBobbyさんが多くて、そして最後もBobby Womack。実は前回も締めはBobby Womackでした。


 1. Johnnie Taylor / Disco Lady

 2. The Commodores / The Bump

 3. The Commodores / I Feel Sanctified

 4. Ohio Players / Love Rollercoaster

 5. Rufus featuring Chaka Khan / At Midnight (My Love Will Lift You Up)


 6. Thank God It's Friday / Love & Kisses

 7. Graham Central Station / Entrow Part 1

 8. Van McCoy / The Hustle

 9. The Spinners / Working My Way Back To You

10. Barinno Brothers / Born On The Wild


11. David Ruffin / Walk Away From Love

12. David Morris Jr. / Midnight Lady Part 2

13. Marie Green / Sorry, That Number's Been Disconnected

14. Marlena Shaw / Pictures And Memories

15. Margie Evans / Good Thing Queen Part 1


16. Shelbra Deane / Smile Me A Song

17. Bobby Spencer / I Just Want To Satisfy

18. Bobby Williams / You Need Love Like I Do

19. Bill Coday / I Don't Want To Play This Game

20. Bobby McClure / Love Trap


21. Mighty Sam / Mr. & Mrs. Untrue

22. Roy C / A Change Is Gonna Come

23. Bobby Hebb / Sunny '76

24. Roni Hill / You Keep Me Hangin' On〜Stop! In The Name Of Love

25. Shalamar / Ooh Baby Baby


26. Lou Rawls / You'll Never Find Another Love Like Mine

27. Dee Dee Sharp Gamble / I'd Really Love To See You Tonight

28. Harold Melvin & The Bluenotes / Where Are All My Friends

29. Ace Spectrum / Trust Me

30. Love Committee / Heaven Only Knows


31. Bobby Moore / (Call Me Your) Anything Man

32. Erroll Gaye & The Imaginations / You Don't Want My Love

33. Beverly & Duane / We Got To Stick Together

34. The Ovations / Till I Find Some Way

35. The Magic Touch / A Woman Will Do Wrong


36. Chicago Gnagsters / Blind Over You

37. Magnum Force / Share My Love With You

38. Brotherhood / Given My Life

39. Brass Construction / Movin'

40. Beaufort Express / Here I Come

41. Bobby Womack / Give It Up  


c0007525_02240463.jpg
今日から「スイカのソルティドッグ」。初夏の味わいです。



[PR]
by barcanes | 2017-06-07 02:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26719889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Funk研究会、新入部員を勧誘... かわECMからの海賊 >>