ブギー特集

3/31(金)

Genさんの金曜日、ブギー特集。ブギウギからエレクトリック・ブギー。Funkにおけるブギー、ディスコにおけるブギー。そしてブギと名の付くもの。全体を通して、「ブギー」の定義を試みる。ブギーというと疾走するシャッフル感という感じかなと思っていたが簡単にそうとも言えない。笠置シズ子のブギ歌謡まで含めてみれば、ブギーとは4つ打ち感と、そして下世話感。そんな結論となった。つまりそれは、ファンクとほぼ同義である。

ブギーとは戦前ジャズからジャンプやロックンロール、ファンクへと通じる、ブラック・ミュージックにおける縦串である。そして我々にとってはライトニング・ホプキンスとジョン・リー・フッカーのブギー2大巨匠をはじめとして、ブギーはブルーズからファンクへと直結する、最重要ファクターである。そんな「ブギー」をテーマに掲げてくれたGenさんの着眼に敬意。そして続編を期待したい!
c0007525_13270593.jpg

c0007525_13272062.jpg
昨年70歳の誕生日をお祝いしたロニー・レーン。明日4/1が誕生日!入手困難盤!

c0007525_13273991.jpg

終演後に現れたCane'sの妖精。急に大阪へ転勤が決まったと。ショック。数少ない女性客。終電あたりの時間に「今日は来るかな」って思える数少ないお客。そして唯一の20代。遅くまでいても近所だから心配いらない。いろいろ話してくれる若い女の子がいなくなっちゃう。寂しい。


[PR]
by barcanes | 2017-04-07 13:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26563830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< エイプリル・フールの大ザッパ・ナイト フリージャズ >>