レギュラー・スライド名人芸

3/25(土)

山梨は八ヶ岳の麓で野菜を作りながらリアル土臭い音楽をやっているパンク・ブルーズ・ファーマー竹田さん。当店たぶん3回目のライブは仲間の力を仰いで「ドロ金デラックス」という形でやってみた。我々(Cane'sバンドからの3人)も出演者との絡みを模索する機会と捉え、前座的に一緒に演奏した。出来はともかく、そういうことをいつでもできるようにしておきたいと思います。

竹田さんも飛び入りを好む人のようで、アマチュアだろうと素人だろうと、わりとなんとかしちゃう。弾き語りというのは聞いてる方もそうだが、やってる方も単調になってしまいがちだから、意外性を取り込んでいくようなセッション感覚を大事にしているのだろう。

我らが”Blow Your Harp”ブギ男もSP盤などのDJの他、「ジーザス!」と新たなアダ名を与えられ、何度もハープで参加。潤君のパンク、ロッキン・ブルーズ、ブードゥー・ブルーズなどのツボをついた選曲も良かった。他にも竹田さんの知り合いの方たちが飛び入りしてくれて、面白そうな雰囲気が溢れていたのか、ふらりと飛び込んで来てくれたお客さんもあって、いいイベントになった。

それにしても竹田さんの、レギュラー・チューニング+スライドは名人芸の域で、本人は「ノイズですよ」なんて言っているけど、その音程感が絶妙である。しっかりしたフィンガー・ピッキングと中間音。ブルーズかくあるべし!と感じられた。ラモーンズや原田知世などのカバーも秀逸ですが、私はこの歌の、リトル・リチャードとスクリーミンJが登場してからの、続くパートなんかとても好き。

「汗だくジョーストラマー
泥だらけジョーストラマー
鍬をふるよジョーストラマーの背中が俺にこう言った

弱きをたすけ 強きをくじけ
虐げられし者たちの頭上に光(怒り)を照らせ

ロックンロールファーマー
ロックンロールファーマー
僕はロックンロールファーマー」
(ロックンロールファーマーのテーマ)

泣ける。こういう歌は竹田さんじゃないと書けないし歌えないだろう。次回は秋頃にということで、我々もまた参戦できるようにしたいなと思います。
c0007525_17315898.jpg
c0007525_17323341.jpg


[PR]
by barcanes | 2017-03-31 21:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26546308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< メデスキさん これが「Funkヨコグシ理論」だ! >>