ソフトドリンクに謝ります

3/6(月)

新年から断行しようと思っていたのですが、ソフトドリンクを少し値上げします。500円のものを600円にします。ごめんなさい。謝罪に至る経緯について書いてみます。

私がバーの世界に入った頃、ソフトドリンクというのはお酒を飲みたいのに飲めない人が飲むものでした。私は大して飲めもしないくせに頑張って飲んでたクチだったので、それでも飲めない人はかわいそうだなと思っていました。まだ車でも飲める時代でしたし、バーでソフトドリンクを飲む人なんて、酔っ払ってそれでも何か飲みたいっていう人しかいなかったんです。だから安くてよかったのです。

店を始めてしばらくして飲酒運転の取り締まりが厳しくなり、客足が減りました。それでも来てくれる人は「今日は車だから飲めない」それはかわいそうだね、やはりそうなります。ライブをよくやるようになると、出演者目当ての人はジュース一杯だけということが増えました。うちは酒場だからお酒が進む音楽をやってほしいと思うけれど、お客の嗜好までは縛れないし、実際ミュージシャンの趣向を縛ることもないのです。

ミュージシャンもお酒を飲まない人が増え、飲まない出演者の時はお客も全然飲まないということが不思議と起こります。今まで一番スゴかった典型例は、お酒を飲む人がバンドとお客さんも含めて一人だけということがありました。そういう時代になったのかーと思いましたが、同時に酒場でやる意味があるのかとも、あるいはただの場所貸しでもいいのかなとも思うようになりました。

私のお店は料理がありませんから、ほぼ飲み代でしか売上がありません。お酒をたくさん飲んでくれるお客で成り立っています。私としては一人2、3杯飲んでいただけることを期待していますから、何杯も何杯も飲んでくれる人が一杯だけのお客を支えてくれていると言っても過言ではありません。(あ、もちろん一杯だけフラッと立ち寄っていただけるのも歓迎です。)

問題は、ジュースの人は何杯も何杯も飲めませんよね。ビールは何杯でもお代わりできるのにね。不思議です。値段の高いジュースっていうのもありませんし、だから飲めない人って本当はお店に貢献してくださりたいのでしょうけど、なかなかできないのだと思うんです。(そういう場合は私に奢って下さってもよいのですが。)ほんと申し訳ないです。だから、ソフトドリンクをかわいそうだと思っていたことを謝りたいと思います。

いっそのこと一杯1000円ぐらいにしちゃおうかなと思ったのですが、それはエゲツなさすぎと言われたので、ちょっとだけの値上げにしました。実際のところお酒もジュースも仕入れ価格が値上がりしてますから、全体を値上げしなきゃならないのですが、お酒の方はちょいちょい値上げさせてもらってきましたので、ソフトドリンクもそろそろよろしくという感じです。ジュース類は実は開店以来初めての値上げじゃないかな。そうでもないか。最初は300円とか400円だった気もする。

今後もお酒メインですが、ソフトドリンクもどうぞお気兼ねなくガンガン飲んでください。お酒を飲む方もソフトドリンクの方も平等な、より差別のない社会を目指します。よろしくお願いします。
c0007525_18371645.jpg
写真は、最近お酒も飲むようになったソフトドリンク王子がよく注文するフレッシュのレモネード。

なっちゃんは昨夜から熱を出し、小児科に行ったらインフルエンザB型と。幼稚園も今週いっぱい学級閉鎖になった。私も確定申告の打ち込みをやらなければ。今週は乗り切るのが大変そうだ。


[PR]
by barcanes | 2017-03-26 18:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26532833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 季節の変わり目 禁煙法案 >>