逃げるのはいつも僕さ

2/4(土)

ピックアップがネックの根元とピエゾと2つ付いてるエピフォンの「J200」モデルと、白く染めたボサボサ髪の太一さん。新曲2曲、BBB時代の「プライベートハネムーン」など昔の曲、普段やらない曲やうる覚えの曲などチャレンジングな内容でした。いつも集客力のない当店ならでは、それでも何度も来てくれる太一さん。普通にやっても面白くないと考えてくれてのことでしょう。

店主としてはチャレンジングなことができる場所として捉えてくれて、チャレンジングな場として使ってくれることは何よりです。個人的には「夢は逃げない 逃げるのはいつも君さ」と歌われる新曲の「青春」が響いてしまいました。逃げたくないから夢を持たないようにしていたのかもしれないし、夢がないからいつも逃げてしまっているように思われるのかもしれない。どちらにせよ逃げるのが青春なら、青春は一生続くのだろう。

たまたまいらしたお客さんが最前列で大泣きしていたらしい。理由は分からないが故郷を思い出してとのこと。太一さんはいつも客を泣かせてやろうなんて思ってやってないそうだが、それでもお客さんにはたいてい、各々泣ける曲泣けるフレーズがあったりする。それは私には何故か「俺の自転車はまた持っていかれちまった」だったりするのだが、今回はその曲はやらなかったし、それに泣ける感じではなかった。余計な盛り上げもなく、拍手や歓声を求めるでもなく、わりと淡々とやっていてそれがとても良かった。全13曲、90分のライブでした。

最前列のカップルは10年ぶりにCane'sに来たという、当時は学生だった男性の夫婦。結婚記念日で子供を預けて来たという。だいぶ顔つきが大人になってて気がつかなかった。お店があって良かった。なかったら寂しいだろうな。

終演後から太一さんに会いに来た客が集まり、深夜には早めに看板を消した後にも二人組ずつ数組のお客さんがそれぞれよく喋っていた。することもなくなって、私は今日から読み始めた「スプリングスティーン自伝」に逃げた。気づいたら全員が一斉に帰っていった。逃げるのはいつも僕さ。
c0007525_16541130.jpg
c0007525_16544463.jpg
太一さんはいつも、どんなポーズでも写真映えするなあ。次回のCane'sでの今西太一は7/29(土)です!

[PR]
by barcanes | 2017-02-18 16:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26435778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2月も半ばの週末のイベント SP盤SP前夜祭 >>