開店記念日のTajiri-ECM

2/1(水)

今年の開店記念日はちょうど水曜日ということで、隔月の水曜にいつも開催している「かわECM」のスピンオフにしてもらった。これはたまたま偶然かもしれないけど、始まりの日にピッタリだとも思えたのだ。たとえ人が少なくてもガッカリしないように静かなイベントを、なんて思わなかったわけでもないが、少なくとも田尻や川合が来てくれて、好きな音楽でも流してくれるだけでもいいな、とは思ったりした。

今回は田尻が活躍してくれて、まずは川合とCDを交互にかけ合い。ECMにはクラシックや現代音楽寄りのNew Seriesというラインアップがあり、田尻はそちら側を、ジャズ好きの川合はそれ以外。その後に田尻のソロピアノ、フリーを3曲。いつものようにリバーブを深めにかけたが、これまでにも増して音色が良かった。ピアノはやはり冬が良い。響きが違う。

しかしそれにも増して、田尻はこの日に相応しい曲想を描き出してくれた。自分が思うよりももっと、田尻は開店記念日ということを思ってくれたんだと思う。あるいは何かが始まった日、何かが始まるということ、そして何かが始まるということはそれまでに何かが続いてきたということ。音はゼロから始まり、同時にゼロから始まるようで何かから続いているということ。音楽は祈りであり奉納である。
c0007525_15434964.jpg

その後は、田尻が誘い出してくれた全方位レコードマスター、阿仁敬堂こと浅見さん。田尻が変態というにはまだまだだ。オレが変態とは何かを教えてやる!と先日にには息巻いていたのだが、「今日はお祝いの日だから控えめにしといた」とレコードから4曲ほど。大音量のフリー・ミュージック。ピリペアド・ピアノ、”Heavy Days”というアルバムの”Happy Days”という曲、ソロピアノの強烈すぎるやつ、そして超大人数もの。何が何だかよく分からないけど祝祭感が溢れ出しまくってまさにビッグバン、この世の始まりってやつでした。
c0007525_15440781.jpg


花束の代わりに八百屋で買ってきた菜花の束(翌日おひたしにして頂きました)をプレゼントしてくれた姉さんは「この店、今スゴく変ですよ!」と褒めてくださいました。指差して「そう、変な店」と返しておけば良かったな。いや、前からずっとですけど。お姉さんも前から来てるし。っていうか菜花をいただいたの初めて。

浅見さんもよく考えてきて選盤してきてくれたのだと思います。開店記念日にふさわしい音楽とは何かを。これらのフリー・ミュージックを聞いてしまえば、あとはどんな曲でもポップに聞こえてくる。ポップスとは上澄みですよ。いわゆる氷山のなんとやらです。その海面の下に見えない沃野が、フォームの混沌とした、存在と非存在の合間の領域が、広大に広がっているのです。

それとちょうど同じように、社会における人間の姿など上澄みに過ぎなくて、社会人未満だった子供の領域や、不健康不健全、無礼不始末、常態ならざる沃野が広がっているわけですよ。そして陽光照らさぬ夜の世界。我々は昼と朝の合間に生きているのです。だから音楽にもそのような領域が必要に決まってるんです。全方位レコードマスターは、そういうことを忘れてはならぬと我々に教えようとしていたに違いありません。そして「今日は控えめだからね」と一言残してまた別の闇の世界へと帰って行きました。

田尻は後半にもソロピアノを、「1.My Song 2.ダヴィッド同盟舞曲集2-5 3.Facin' Up 4.渡良瀬」という4曲。今回もバッチリ録音しました。あまりに良かったので、その日のうちにラフミックスしてしまおうと思って、朝まで頑張りました。やってみればまた手直しもしたくなるのでまたいぢくると思いますが、とりあえずYoutubeで聞けるようにしておきました。良かったら聞いてみてください。そのうち田尻のソロピアノ曲集を形にしたいなあと思います。タイトルは「いつか変態ピアノ王子が(仮)」です。

全7曲をプレイリストにまとめておきました。ちょっとリバーブ深過ぎたかな。



https://www.youtube.com/playlist?list=PLWHaI2waGMYwGAvum5v7GFkqgL9MVrhLr

いい余韻でみんな帰った後、珍しく深夜に常連のいない状況で3組ほどのお客さんが入りました。不思議なもんです。開店記念日の余韻なんてカンケーありません。でも祝祭のお清めの後にこうして普段いらっしゃらない方が来るのですから、有り難いことと思って黙って仕事させてもらいました。聞きたくないような種類の会話が耳に入ってくるので、チャーリー・ヘイデンを大きめにかけました。一息ついてから田尻の録音に取りかかったわけです。

この日はアニキたちからお祝いをいただきました。エディ・ヘイゼル、P-Funk本など、追ってご紹介することになると思いますが、75年のスプリングスティーンのライブ・ブートレグを持ってきてくれるのにはビックリ。ちょうど前日の流れですから。後日ゆっくり聞かせてもらいます。
c0007525_15491000.jpg

c0007525_15443998.jpg
このプリペアド・ピアノのオッサンの裏ジャケ、変態とはこんな顔か。

c0007525_15514131.jpg

c0007525_15493306.jpg
「がんばったね」となっちゃんが手作りメダルを首にかけてくれました。


[PR]
by barcanes | 2017-02-03 15:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26374331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< New OrleansとそのF... ブートレグな最終日 >>