70年代前半リアルタイム50曲

1/27(金)

「Voices Inside」の顧問としてもおなじみの関根さんがご自分の音楽経験を振り返り、60年代から70年代を何回かに分けてトレースしてゆくシリーズ3回目。関根さんの「カンコン金vol.3」です。

1回目は音楽に目覚めた頃の横浜の街、喫茶店のジュークボックスやTVなどで聞いていた曲を取り上げて、関根さんの6歳から15歳、1960年~69年までを振り返っていただきました。2回目の前回は、一歩戻って68年から72年という濃厚な5年間。ゴールデンカップスや洋楽ロックからブルーズやソウルにどっぷり傾倒してゆく関根少年、まだ10代のまま。

そして今回はまた5歩進んで2歩下がりまして、1970年あたりから76年ぐらいまでのソウルを、年代順に構わずかけてゆくというもの。関根さんがサーフィンにハマってしょっちゅう湘南に遊びに来ていたaroundハタチ頃、リアルタイムで買っていたレコードたち。ソウルがシングル中心からアルバムで聞かせるようになっていった時代。

ニューソウルとサザンソウル、フィリーにコーラス・グループ、スウィート・ソウル、ファンクやブラック・シネマもの、そして産業ディスコけばけばしくなる以前のディスコ・ソウル華やかなるソウル全盛期。ああ、70年代前半。憧れの時代に青春時代を送っていた関根さんが心底羨ましくなるこのシリーズです。それでは今夜のプレイリストをどうぞ。

1. It's A Shame / The Spinners
2. Psychedelic Shack / The Temptations
3. Mercy Mercy Me (The Ecology) / Marvin Gaye
4. Quiet Storm / Smokey Robinson
5. I've Been Lonely For So Long / Fredderick Knight
6. Don't Take My Sunshine / Soul Children
7. Let's Stay Together / Al Green
8. Trying To Live My Life Without You / Otis Clay
9. Hooked On A Feeling / The Ovations
10. I'd Rather Go Blind / Spencer Wiggins
11. Stand By Your Man / Candi Staton
12. Ask Me / Ecstasy, Passion & Pain
13. I Love Music / O'jays
14. Wake Up Everybody / Harold Melvin & The Blue Notes
15. If You Don't Know Me By Now / Harold Melvin & The Blue Notes
16. Me & Mrs. Jones / Billy Paul
17. When We Get Married / The Intruders
18. Determination / The Ebonys
19. Higher Ground / Stevie Wonder
20. That Lady Part 1 / The Isley Brothers
21. Lowrider / War
22. Jungle Boogie / Kool & The Gang
23. Talkin' Loud And Sayin' Nothing / James Brown
24. (Shake, Shake, Shake) Shake Your Booty / K.C. & The Sunshine Band
25. Rock Your Baby / George McCrae
26. Smarty Pants / First Choice
27. Cherish What Is Dear To You / Freda Payne
28. Want Ads / Honey Cone
29. What A Difeerence A Day Makes / Esther Phillips
30. Misty Blue / Dorothy Moore
31. Thank God It's Friday / Love And Kisses
32. Theme From Shaft / Isaac Hayes
33. Superfly / Curtis Mayfield
34. Across The 110th Street / Bobby Womack
35. Are You Man Enough / The Four Tops
36. What A Shame / The Dynamics
37. With You / The Moments
38. Blind Over You / Black Ice
39. Pillow Talk / Sylvia
40. Breezin' / Gabor Szabo & Bobby Womack
41. Walk Away From Love / David Ruffin
42. Vanishing Love / John Edwards
43. Hangin On In There Baby / Johnny Bristol
44. You're Everything I Need / Major Lance
45. Since I Lost My Baby / The Perfections
46. Give Your Baby A Standing Ovation / The Dells
47. Loving Power / The Impressions
48. Harry Hippie / Bobby Womack

encore
49. A Letter To Myself / The Chi-Lites
50. Mary Jane On My Mind / The Platters

今回のミスタイプなしの完璧な書記は潤君でした。約3時間で48曲、アンコールが入ってちょうど50曲。みんなが知ってる名曲から全然知らない曲まで、これ全部aroundハタチですからね。私なんかこの数年で知った曲がほとんどですから。

それにしても国内盤の7インチ・ジャケは面白いですね。「ハロメル」ってどんな略し方やねん。「東南西北」ってどんな順番やねん。トンナンシャーペーか。「ドロシーの演歌に涙してくれ!」演歌ですか。でも彼女は80年代に伊勢佐木町の場末のキャバレーで歌ったこともあるそうです。「エディもう少し考えろ」がB面の「スーパーフライ」のカタカナのロゴもいいですね。"If You Don't Know Me By Now"は「二人の絆」ですもんね。昭和歌謡ですよこれじゃ。チ・ライツから「チャイ・ライツ」に表記が変わって、最後はつのださんの「メリー・ジェーン」これこそまさに昭和歌謡。その他この時期に多かった黒人女性ジャケなど。
c0007525_20203546.jpg
c0007525_20205538.jpg
c0007525_20211711.jpg

次回はまた、大人になった関根さんがディスコにやられていく70年代をどうサヴァイヴしていったのか、70年代後半にタッチしていただきたいなと思っております。よろしくお願いします!


[PR]
by barcanes | 2017-01-28 20:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26358392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Cane's開店16周... 美しく生きる >>