年末アイリッシュ・セッション& Funk忘年会

12/31(土)

夕方から「アイリッシュ・セッション」27回目。年末だからか、いつもと違う方々が集まってくださった。アイリッシュ・パブをやられている方など三島からわざわざいらっしゃった方数名。岩手でアイリッシュのサークルをやっている大学生など。主宰の椎野さんもみなさんにご馳走してくださったりして、売り上げにご貢献下さいました。

その後はファン研部長が年内最後になるからと、この日は急遽ファン研の小忘年会をやることになった。ところが最初に現れたのはレジェンド・ドラマー。ちょうど潤君がジョージ・クリントンのパーラメント神話の元ネタにしたと言われるイシュメール・リードの「ジャンボ・マンボ」などを持って来てくれたので、私の手持ちのイシュメール・リード盤を一緒に聞いた。Taj Mahal, Allen Toussaint, David Murray, Lester Bowie, Olu Dara, Milton Cardonaなどの豪華メンバーに惹かれて若い頃に買った"Conjure : Music For The Texts Of Ishmael Reed"、ベースがSteve SwallowとJamaaldeen Tacumaなんて刺激的すぎる。イシュメール・リードがどんな人かその時は興味を持たなかったが、ようやく20年ぐらいして輪が繋がるというのも嬉しい話だ。
c0007525_08161541.jpg

それから前夜のハンコック「洪水」の続きでもと思ってかけると、レジェンドがポール・ジャクソンの思い出話を聞かせてくれた。なんのライブか忘れたけど場所はジロキチ。なぜだか集まっていたメンバーでセッションをしようということになった。上原ユカリ、Drキョンがいてボーカルは木村充揮。ポール・ジャクソンが細かいベースを我関せずで弾きまくっていて、そんなんじゃ木村さんが「歌えないやん!」って怒ったという(笑)。ええ話や。

そのうちファン研部員が集まって来て、今夜の部長は職場のご婦人から譲り受けたというヒョウ柄シャツ!みんなレコード持ち寄り。funkジャズのつながりでHarvey Mason77年ベンソンがギターを弾いてる"What's Goin' On"からスタート。Betty Davis73年の1stはSlyのベース/ドラムコンビのぶっとい音にニール・ショーンやマール・サンダースなども参加の西海岸豪華ロックFunk。74年2ndもズ太いです。そして今夜のフィーチャリング・アーティストはコスプレFunkバンドとして高名なLakeside。部長はほぼ全盤をコンプリートしておられます。コスプレ1st(アルバムとしては2枚目)は"Shot Of Love"ということでウィリアム・テルか。射る弓矢の先には黒人女性が。各盤のタイトルとジャケの相関が見るものを飽きさせません。
c0007525_08172197.jpg

Last Poets関連2作はそれぞれバーナード・パーディーとジミヘン&バディ・マイルス共演もの、そしてGo-Go初期のChuck BrownとChicネタのヒップヒップ初期作はどちらもFunk試験に出ますよ。
c0007525_08180106.jpg

Lakesideの諸作を並べた前で意気上がる兄弟。
c0007525_08182748.jpg

Brass Constraction75年の1stはバンド名からの建設現場ジャケ。サーノーズ神話が興味深い”Trombiputaion”サンプル盤には「どのようにこのアルバムを楽しめばよいか」という日本の販促資料が入ってた。そして”Earth Tour”と我らがバーケイズのVolt盤でFunk忘年会はとりあえずだいたい終わり。
c0007525_08192020.jpg

しかしFunk soldierは何かと戦っていないと生きていけない、何を敵として闘えばよいのか、それを今日決めようじゃないか!と隊長が仰る。サー・ノーズとは何か、ムカつくことは何か、なんて話してたら朝5時。来年のテーマはとりあえず神話研究と茶化し方を学びたい。マジメに取り合って怒ったって仕方ないけど、でも流しちゃいけないようなことを茶化していきたいですよね。

Funk隊長が君の入隊、いや入部を待っています。
c0007525_08201325.jpg

[PR]
by barcanes | 2017-01-03 08:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26287877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 一年最後の夜 年末の木曜営業 >>