メキシコ土産とクリスマス・アルバム

12/20(火)

週末3連のイベントを3連のリズムでなんとか乗り切りまして、ホッと一息ついております。世の中的にもこの週末は忘年会のピークだったのではないでしょうか。まあ当店にはもはや忘年会という追い風は吹いてきませんが、そんなことはもはやハナから期待していないのであります。

なじみのアニキの店では、週末のある一日の来客以上の数のお客を返してしまったと言っていました。重なる時には重なってしまって、それ以外の時間帯は全くヒマだったりしてしまう。ホントに来たいんだったら予約してほしい。でも予約がなければ入れない、なんてお店にはしたくないのです。その辺分かっていただいて、空いてる時に来ていただきたいですね。その点、当店はいつだって空いております。オープンとクローズの時間も、状況もいつも適当ですけど。

c0007525_16053169.jpg
昨夜はメキシコ帰りの妖精ちゃんがお土産を持って来てくれました。イモムシの入ったメスカルと、付属の辛味あるイモムシの塩。そして酸っぱショッぱい携帯用スパイス。小島よしおみたいな顔の男子がリンゴを片手に微笑んでいます。逆サイドにはフルーツやトウモロコシなどにスパイスを振ったデザイン。

c0007525_16061896.jpg
そのとおり、リンゴをスライスして、このスパイスを付けて食べてみました。これは新感覚。ツマミになります。スイカに塩、の発展形でしょうか。ちょっと古くなったミカンにもかけてみましたが、古くさい味がゴマかされます。メキシコではドライフルーツやオレンジ・スライスなど、なんでもまぶして食べちゃうそうです。

c0007525_16075959.jpg
メキシコ・シティのレコード屋さんで買ってきてくれたレコードのお土産もいただきました。Los Tigres Del Norteというバンドの89年盤。68年レコード・デビューの「ノルテーニョ」という範疇のベテラン・バンドのようです。メキシコの北部、テックス・メックスっぽいアコーディオンとバホ・セクストのいる編成ですが、アメリカ寄りの「テハーノ」と「ノルテーニョ」との違いはよく分かりません。

c0007525_16082145.jpg
メキシコついでにこんなレコードを持っていたことを思い出しました。クリスマス・アルバムです。ティファナ・ブラス系の、アメリカ寄りのインチキ・エスニック音楽といいますでしょうか。ちょうどそろそろクリスマス・アルバムを聞こうかなと思っていたところでした。ジミー・スミス、JB、ベンチャーズ、ヒューイ・スミス、デヴィッド・グリスマン、アーロン・ネヴィルのところでカントリー・ヨーデルに脱線しつつ、レイ・チャールズ、ダイアナ・クラール、そしてロバータ・フラックにマライヤちゃん。一気に全部聞きました。ようやくクリスマス・ムードというか年末感がしてきました。なっちゃんのクリスマス・プレゼント、品切れする前に買っておかなきゃ。

外国旅行の話と音楽旅行とで地図帳を見ながら、次に行きたい外国の話や諸国の南北格差、行ったことのある国と行ったことのない国のことなど、スパイスを舐め舐めメスカルを啜りながら話しました。私は外国旅行など家族で一体いくらかかるのやら、もはや夢のようだから考えもしなくなってしまいましたけど、妹と甥っ子のいるコロラド州デンバーに行ってみたいと思いを新たにしました。若いうちに、行けるうちに行っておくものだと思うと同時に、歳を取ってからでも、無理してでも行かなくちゃいけないでしょうね。

それにしても外国の話はいいものです。知らない世界に身を置く想像力や、行ったことのないところに関する知識などが、全く無化されるといいますか。すっと風が通り抜けていくような。要するに伝えようも伝わりようもないのでしょう。行った者にしか分からない。だからこそ雰囲気みたいなものとして醸し出される。小さい頃から外国に住んだりあちこち旅行したりしていたという彼女の、どこか飄々とした愛らしさは、そのような国際感覚みたいなものかもしれないな、なんて思ったりしました。


[PR]
by barcanes | 2016-12-20 16:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/26251896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年のCane's十大... キラ金DX >>