セッションいろいろ

8/22(月)

甲子園はだいぶ飽きてきた頃に決勝が終わり、夕方から「アイリッシュ・セッション」23回目。クラシック出身の若い人がアイリッシュ界隈に増えているそうですね。クラシックではなかなか食えないのでしょうし、気楽に楽しく演奏したいっていうのはそれはそれでいいんでしょうけど、一方で一音一句厳しい徒弟制のクラシックだけじゃなくて、気楽に楽しくクラシックやってもいいんじゃないでしょうかねえ。酒場でwildな、あるいは素朴なクラシックっていうのも、いいと思うんですけどね。クラシックを「解放」してやってほしいですね。

今度ライブをやってくれるミュージシャンとしばし沖縄の話など。伝説的なジャズシンガーのオバちゃんのお店が那覇牧志にあるそうで、沖縄に行くときには必ずやってる日を見計らって行くんだそうです。話は変わって、本島各地にいる運動家の人たち、ああいうの分かる気がするって。本土で食い潰してそれでも自分の生き方貫くために、沖縄なら暖かかくて凍え死にはしないし金はかからないし、自分も売れないミュージシャンで人に面倒かけたりしてるからなあ、って。ああいう人たちが問題をこじらせたりしてるし興味はないけど、でもそういうのも許容していろんなものがゴチャゴチャしてる、そういう沖縄が好きだって。

この秋11月に当店初登場するバンドのアニキとも打ち合わせ的にいろいろ話して、最終的にイベントタイトルが「Are You Satisfied?2016」に決まった、ような気がする。ツェッペリンとソニック・ユースの残響を引き継ぐようにして、90年代から現在に至るまでずっと続いているバンドの音で、40代(後半)のロックを(やや音量抑えめに)ぶちかましていただきたい。そして、ロック不足を解消&サティスファイさせてほしい。前座やライティング・チームも来るそうで、この秋1番の楽しみ。

そんなこんなで12時ぐらいにはすっかり酔っ払ってしまい、こりゃあムリだなと看板を上げ、でも帰るにはちょっと早すぎる、といったところでファンクなアニキにつかまる。これから台風だからさ、雨降り出す前に帰りましょうよ。「そうっスね。3時までには帰ります。」持参のファンク・アルバム4枚と私がこないだ買ったレコードを何枚か聞いて4時。まだ降ってない。帰るなら今だよ!「そうだね。それじゃ。」片付けて私は、雨に降られた。

c0007525_22074099.jpeg
マーキュリー移籍前のOhio Playersは、Funkadelicと同じWestboundレーベルで、同じスキンヘッドの女性(パット・エヴァンスという名前らしい)がジャケになっているアルバムが5枚ある。タイトルは、Pleasure, Pain, Ecstasy, Climaxなどなど。これは72年の通算3枚目「Pain」。ムチはやめて!それにしてもドラムのダイアモンドは、シンバルを叩かない。ハットとライド以外の金物を何回使うか、今度数えてみたい。

c0007525_22075749.jpeg
Parliamentの1stは70年。Invictusから。


[PR]
by barcanes | 2016-08-27 21:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/25933284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 異質なものの同居 タマ金つぶし >>