夏の夜のカオス

8/7(日)

このところ調子の悪かったビール・サーバー、イベント前に業者の方が来てくださって、温度センサーの端子の接触不良とのことでパーツを交換。原因がはっきりしてよかった。トラブルをひとつ回避したはずであった。

さて「藤沢歌謡会」第18回。カズマックス、ダメ男ことアサミさん、オイカワさんのレギュラー陣+告知なしでゲスト4名が来てくださって、計7名のDJによって行われました。が、私はカウンター周辺においてテンテコマイで、どのDJがどんな曲をかけていたかなど全く知る由もありませんでした。

1年ぶりぐらいに会いに来てくれた高校時代の僕のアイドルと大音量の中で会話するのに一生懸命だった後には、入れ替わるように二人組が、同じ年に仲良く子供を産んで以来、数年ぶりに会いに来てくれた。この若い母親たちが相変わらずのお騒がせぶりで、その場に残ってくれたいた男性陣がみんな力を合わせて帰途に着くまで協力してくれた。

我々がダメな男であるのと同様に、ダメな母親をやっている彼女たちのことを、肯定はしないまでも排除したくない。顔を見せに来てくれたのが嬉しくて、久しぶりに飲んだだろう酒の余計なもう一杯を止めてあげられなかったのが悪かった。

歌謡会のいつも以上の盛り上がりと、そんなトラブルも相まってカオスな夜になってしまった。盛り上がりにトラブルはつきもので、カオスな状況とは盛り上がっている証拠でもある。とは言え、毎度カオスを望むものでもない。そのような不確定要素を呼び込む中でちょっとした秩序のベクトルを示すのが私の役割ではあるのだが、これも夏らしいと言えば夏らしい、制御しきれない夜だった。

いつも盛り上げ役かつフォローもしてくれるH嬢に感謝しつつ、それら女性たちにまつわる男心も夏の夜であった。祭りといえば夏祭りだったかもしれないが、私は歌謡曲で祭りをしてほしいわけではないのだ。それでも皆さんが楽しかったのならそれはそれでいいのかもしれない。善処したい。というか、いい音楽を聞ければそれでよいのだ。
c0007525_22173535.jpeg


[PR]
by barcanes | 2016-08-15 22:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/25901926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 抜け殻ファンク 好物ばかりのごちゃ混ぜ料理食べ放題 >>