大祓え

7/1(金)夕方

昨日は夏越の大祓え。八幡宮で茅の輪くぐり。なっちゃんも何度か来てるはずなのだが憶えてないそうで、なんと説明したらよいか。なっちゃんの好きなプリンセスものに魔法使いはセットですから、「魔法のおまじないをみんなで聞くんだよ」と言うと、そんな気もしてくる。

外国人観光客がなんだろうと取り囲んで見ている。まじない言葉に「清めたまえ祓えたまえ」の行為が入る。抽象的に儀式化された行為に具体性が伴うということは、普段の生活を清掃清潔に、規則正しく過ごせということなのでしょう。それでも災禍争乱はおとずれる。だから災禍争乱と整然清潔とは本来は関係がないはず。

それでも、人の忘れやすさという本性を利用して、体の汚れを洗い流す気持ち良さの連想として、精神的な濁りを海に流して忘れてしまえば気持ちいいじゃん、その方が災禍争乱ちょっとは少なくなるんじゃね?という、だいぶ都合の良い願望。神社とはそういうことを常にしているような非日常的な場所ということなのでしょう。

そして儀式とは繰り返しの定型化。都合の良い願望、まさに神頼みとは繰り返せることが大事。何度でも繰り返すことができる行為に神が宿る。いつも変わらないもの、変わらない精神を持ち続けた人も、神となるのだろう。

左まわり右まわり左まわりと3回くぐるはずが、先頭の神職は疲れていたのか4回まわってしまった。参列してた人たちも気づきながらも、いつもより余計に回ってしまった。これは吉と出るのか凶と出るのか!「3」に意味があるんじゃなかったのか?まあだいたいそれぐらいってことでいいんでしょうね。
c0007525_16520991.jpeg

金曜日はなっちゃんのプールの日。部屋のどこかにしまわれていた水着をようやく発掘してもらったら「お父さんと入りたい」となっちゃんが泣くので、私も独身以来数年ぶりに泳いだ。隣で顔をつけて息をブクブク吐きながら泳ぐ練習をしているなっちゃんを見ながら、休み休み1000mぐらい泳いだ。久しぶりにコンタクトをつけてゴーグルをして、水の中を覗いた。ちょうどこの日から屋外のプールも開放され、夕方のひんやりした水を潜った。清々しい気持ちがした。


[PR]
by barcanes | 2016-07-03 16:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/25758472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ドロキン2回目 7/2(土)「TOP OF T... >>