初カツヲスペシャル

6/21(火)

まえかわさんの歌ものと、インストの超絶変態プログレ・フュージョンの2系統、ということになりますでしょうか。 相変わらずの集客力のなさで、目撃してくださった方は多くなかったのですが、緊張感のある前半、そしてさらにお客さんが減ってやや力が抜けたかなという後半はさらに、凄まじかったです。
c0007525_16403824.jpeg

当店初演のライブは素晴らしいものになることが多いのですけど、まあそんなことは誰も知らないわけです。告知にしたって我々だってどんな音楽になるのか分からないのですから、それが例え沢田さんという著名な方であろうと、みんなの好きなまえかわさんでも、そしてそれが投げ銭ライブだとしても、分からないものに期待して下さいと言うしかない。それは普通、難しいですよね。

ミュージシャンはそれでも腐らずに、音楽に寄与し音楽に貢献する。腐ってしまったらミュージシャンは失格なんでしょうね。私なんかはそういう意味ではバー店主失格です。でもむしろ、お客さんの少ないときに真価を発揮するのかもしれない。素晴らしいバンドでした。
c0007525_16405511.jpeg

この5人編成の組み合わせでやるのもまだ何回目かということなんでしょう。どうやらまえかわさんと沢田さんが歌ものをやるのが「カツヲ」で、メンバーが増えるとどこからが「スペシャル」なのかもうひとつ判然としないのですが、まあバンド名を見てこんな音楽を想像できる人は皆無でしょうねえ。まんまと見逃してしまったでしょう?

しかし皆さん、安心してください。ばっちり録音してあります。歴史を記録しておくのも私の役目なのかもしれません。興味のある方にもない方にも、お店にいらしてくれたらお聞かせします。

なぜなら、終演後さっそく次のライブを決めてくれたのです。次は期待していただきます。10/24(月)「戻りカツヲスペシャル」です!皆さん、ぜひ目撃されたし。

終演後は残ってくれたまえかわさんと、この日のDJ係を志願してくれたオーノさんと、ブラジルもののレコードを聴きながらあれこれ喋っているうちに、私がちょっと目を離した隙に、オーノさんとまえかわさんがなんかやろうということになっている。まえかわさんの名曲「夜明けのサンバ」でハープを吹くという。私も混ぜてもらって、まえかわさんに遊んでもらった。3人でセッションした。嬉しかった。まえかわさんが帰った後も、オーノさんと余韻で朝まで。

僕らはやっぱり、そんな未然感が好きなのだと、完成されたものやエンターテイメントなんて興味ないよねーって。そしてまえかわさんは私にとって、そして我々にとっての永遠の歌姫です。

c0007525_16395782.jpeg
まえかわさんにもらった、近所のコケモモ。渋すっぱい、野生の味。

c0007525_16411627.jpeg
なっちゃんのいたずら書き付き。

[PR]
by barcanes | 2016-06-24 16:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/25731931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今夜は「チャッ金」です! シバリエさんの曲 >>