ブラジル音楽打ち合わせ

6/8(水)

再来週の月曜日(6/20)の「初カツヲ・スペシャル」に向けて、その日のDJに名乗り出てくれたマサオ・パーカー氏と、どんな曲をかけようかと打ち合わせ的にいろんなレコードなど聞かせてもらう。

c0007525_17035095.jpeg
Joyceが別れたんだか再婚したんだかのダンナさんと共演したもの。パヤパヤハミング系。まえかわさんの生パヤパヤも楽しみだ。

c0007525_17041044.jpeg
私が持ってたCDと、ブラジル盤オリジナル・ジャケ。マルクス・ペレイラ原盤カルトーラ第1集。おじいサンバおばあサンバにハズレなし。

実はこの日が誕生日だったというのでHop Stoopidで乾杯。若い頃に燃えていたクライミングと、その後大物になった仲間たちの話。冒険家の文祥さんとは学生時代にロープをむすんだパートナーだったんだそうです。

c0007525_17042797.jpeg
そして最後は結局、サンバ・ファンクに持っていかれる。アメリカ音楽としてのファンクの、ブラジル的消化の仕方が素晴らしい。JBを愛するMasao Parkerとしても、気になるのはトニー・トルナード。グッゴー!

c0007525_17184754.jpeg
ブラジルついでに、品切れからようやく入荷の「SELETA」と、ついでに新商品の「BOAZINHA」をご紹介。当店の「美味しいカイピリーニャ」には欠かせないカシャッサ「セレッタ」より、「ボアジーニャ」は臭みがあるけど旨味が少し足りないかな。

ちなみにカルロス・カシャッサっていうサンビスタがいますね。有名なサンバ・チームのマンゲイラを創設したのはカルトーラとカルロス・カシャッサなんだそうですね。名前になっちゃうぐらいだからね、カシャッサが好きだったんだろうなあ。


[PR]
by barcanes | 2016-06-08 17:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/25684357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 悪魔 とムード スウィート・ソウルが優しいライブ >>