今週末のイベント

10/19(土)
「Voices Inside vol.68 "Mods meet R&B"」
Disc Jockey:二見潤
今月のゲスト:Sister M、関根雅晴


21:00~ No Charge
USTREAM中継します。
www.ustream.tv/channel/channel-canes

毎月第3土曜日はシングル盤を中心にアナログ・レコードで60年代までのブラック・ミュージックとそれにまつわる音楽を聞くディープな夜。

今回はメインゲストでは初となる女性DJを迎え、モッズと彼等が愛したノーザン中心の60's Soul、そしてその頃にラジオから流れていたヒット曲などを、パワーアップしたサウンド・システムによる迫力ある音でお届けします。

ホストDJ二見潤の2ndセットは、毎回のテーマに沿った選曲をストーリー仕立てで聞かせる朗読ショー。フラれっぱなしの男が愛を探して音楽の旅をします。次はどんな失恋をするのか?これは聞き物です。

ソウル好きの方から若い人たちまで、音楽を愛するみなさまに音を浴びていただきたいイベントです。ぜひお越しください。
c0007525_2325185.jpg
↑ pic.二見潤(2013/3/17)

10/20(日)
「窓の領域vol.13」
【出演】ポスポス大谷、The Metaphors(Samm Bennette, Marcos Fernandes, Shimizu Hiroshi)


7時半スタート チャージ:投げ銭

鎌倉出身山奥在住のホーミー・シンガーソングライター、ポスポス大谷が主宰する、超ユニークかつモンドで奥深いアーティストが次々に登場するライブ・イベント。地底から宇宙まで、非楽音から集団即興まで、注目を浴びずともこの世とあの世には不可欠の不思議な音楽たちがひっそりとしかし強烈に生息しています。あなたもそんな顕微鏡と望遠鏡の「のぞき窓」の世界、あるいは「世界の窓」を覗きに来ませんか?

今回のゲストは以前に一度出演したマルコス・フェルナンデスさんが参加するバンド「The Metaphors」メタファーズとお読みするのでしょうか。即興的かつ「無垢で統制のとれた」パーカッション群をバックに、壊れたブルースのような歌唱が入る、不思議な音楽です。即興音楽のようでもあり、私にはブルーズに聞こえます。

中心メンバーのサム・ベネットさんは経歴の長い方のようで、数々の楽器群、音楽遍歴を経由して現在は日本で活動しているそうです。巻上浩一、ソウルフラワーユニオンなどとの共演もあるそうです。

そしてもはや説明不要のポスポスですが、見たことない方にはぜひ一度見ていただきたい唯一無二のアーティストですし、アコーディオン弾き語りを見たことある方には最近の弦楽器を使ったポスポスも見ていただきたいと思います。

Sam Bennettさんのバイオグラフィー。写真に写っている楽器の変遷も面白いです。
http://www.polarityrecords.com/samm-bennett-biography.html
The Metaphorsのページ。動画がいろいろ見れます。
http://www.polarityrecords.com/the-metaphors.html

ポスポス大谷のHP。「アメリカのルーツ音楽とかブルース等に興味在る方にもおすすめかな。もちろんそれだけじゃないけど。リズムあり、即興あり、歌ありの夜です。歌物近未来系ですよ。ぜひ見に来てください。湘南じゃ、なかなか見れませんよ。」とポスポス氏は申しております。
http://posuposuotani.blogspot.jp/
c0007525_23341088.jpg
↑ pic.ポスポス大谷(2013/8/10)
[PR]
by barcanes | 2013-10-19 23:23 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/20845591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Modsと我々の愛するR&B/... Cane'sバンドそろ... >>