2月後半から3月半ばまでのイベント予定

1月末からのイベント4本(と他店のイベント2件に参加)をなんとか終え、なんだかんだで疲れておりますが、気を取り直して、2月後半からのイベントを紹介したいと思います。

2/16(土)
「Voices Inside:ルイジアナ・スペシャル!」

Disc Jockey:二見潤
今月のゲスト:関根雅晴さん、中林由武さん(Zydeco Kicks)
N.O.はもちろん、ザディコ、ケイジャン、スワンプ・ポップ、ルイジアナのソウルまで!
21:00~ No Charge USTREAM中継してます。

毎月第3土曜日は45回転シングル盤を中心に、ブルーズ、R&B、70年代までのソウルなどを聞かせるDJイベント、「Voices Inside」です。今月はブラック・ミュージックではなくルーツ・ミュージックの特集です。ホストの二見さんはニュー・オーリンズに10回以上も通ってるN.O.通なんですが、N.O.のあるルイジアナ州の音楽にも造詣が深いんですね。みなさん、ザディコとケイジャンの違い、分かりますか?なんでそんなにアコーディオンばっかり使うんすか?スワンプ・ロックはなんとなく分かっても、スワンプ・ポップってなんなんすか?そんな疑問質問もぜひ一聞にしかず。

好評の音楽ドラマ、愛を求めて旅をするソウル寅さん「ダメ男はつらいよ」、今月はどのように恋に破れるのか!乞うご期待。

2/17(日)
「ビト/ヤク Live」

DJ:宮井章裕(Sandfish Records)
20:00~ チャージ:投げ銭

ビトさんはケインズ初登場なんですが、僕はまだお会いしたこともないし音源も聞いたことないんです。でもみんな「あ、ビトちゃんね」「あ、ビトさん、やるんだ」と、なんだか知り合いらしいんです。どうやらエキセントリックなシンガーソングライターらしいです。楽しみにしています。

このイベントは対バンのヤクが持ってきてくれました。ヤクはこのところ出ずっぱりで、最近かなり天然なヤツだと分かってきました。MCも少々頼りないのですが、歌うときりっと男っぽい声で、かっこよく見えてしまうところがちょっとズルい感じです。渋い選曲のカバーももちろんいいのですが、オリジナル曲がやはりいいと思います。カバーでは最近やってるハンク・ウィリアムスのカントリー・ヨーデルものが僕のお気に入りです。

DJはビトさんの友人でもある宮井さんにお願いしました。宮井さんには主にシンガーソングライターのイベントを盛り立ててもらっています。チャージも投げ銭なので、どうぞお気軽にご来店ください!

2/24(日)
「藤ロック・フェスティバル2013」@太陽ぬ荘スタジオ・ロビー

open:16:00 start:16:30 charge:Free
出演:sausalito、roquette DELI、田火田、Bar Cane's、

昨年2月に初めて飲食店対抗バンド合戦をやりました。各店の店主と常連さんたちでバンドを結成し、自前の音楽で楽しもうという企画です。普段はいろんなミュージシャンのみなさんと交流があり、レコードやライブで音楽に接している飲食店の我々ですが、やはり音楽は自前で楽しむのが基本なのではないかと。自分たちでやってこそ、プロのみなさんの音楽もより深く楽しめるのではないかと思うわけです。

我々が商売と関係のない楽しむためだけの音楽をやることで、仕事として音楽をやらざるを得ないプロのみなさんに、楽しむだけのために音楽をやるということを羨ましがらせ悔しがらせる、というのも密かな目的でもあります。そして、下手でも演奏を楽しむことができるか、下手ならではのやり方があるんじゃないのか、というのが我々の課題でもあります。

そんなことで我々Cane'sバンドは今回ナイス・メンバーを揃えて「Cane's Nice Members」という名前でオリジナルばかりを4曲ほどやりたいと思います。我々の出番は18:40の予定です。我々だけでなく他店のバンドも合わない時間を無理して合わせて練習しております。バンド以外にも各店からフードも出ます。日曜の夕方、良かったらぜひ暇つぶしに来てください。損はさせませんよ。

3/4(月)
「モンゴル音楽 岡林立哉(馬頭琴、ホーミー)withトシバウロン(バウロン)」

20:00~ チャージ¥2000

John John Festival、ビロビジャン、NOUMAN、ハーモニカ・クリームズなど、一緒に演奏しているいろんなミュージシャンを連れてきてくれ、紹介してくれているトシバウロンさんが、また新たな演奏者と一緒にCane'sに来てくれます。

トシさんはバウロンというアイルランドの太鼓を専門にするパーカッショニストで、アイリッシュ音楽というジャンルを越えた多種多様なミュージシャンと共演しています。その底流には世界のルーツ・ミュージックにおけるケルト音楽の影響や関連性を感じさせ、さらに音楽が異文化の
出会いや関わりの中で新たなものを生み出し発展させてきた、原初的な喜びがあると思っています。

今回出演してくださる岡林さんは、正統派のモンゴル音楽をやられている方だそうです。以前、当店ではアジナイホールというモンゴルのバンドをライブをやったことがあるのですが、馬頭琴とホーミーの響きはその場にいながら、どこかの山岳地帯や行ったこともないモンゴルの草原へとトリップさせてくれました。私としては今すぐにどこでもいいから山に行きたいと思わされてしまうような、馬頭琴とホーミーのサウンドをとっても楽しみにしています。みなさんも平日の月曜日ですが、ぜひイマジナリーな音楽を味わいに来ていただきたいと思います。

3/9(土)
「カオリーニョ藤原 LIVE」

open 20:00/start 20:30
チャージ:投げ銭

カオリーニョさんは約1年前にとあるイベントで招かれて演奏してくれたことがあり、実は2度目なんです。なんと紹介したらいいのか難しいのですが、「人生の花」は誰もが感銘を受けるであろう名曲です。日本語ボサノバの第一人者であり、関西弁の面白い曲もたくさんあります。「俺はリズムの王様」など最高。まさにボサノバ歌謡日本一。滅多にない機会です。しかも投げ銭。みなさんぜひ、必聴ですよ。藤沢には縁のある人、お世話になった人もたくさんいるみたいで、盛り上がることになりそうです。

(3/8記)前日ですが、豪華ゲストが決まりました。ピアノに中島徹さん、和太鼓の矢島敏さん、そしてなんとベースに高橋ゲタ夫さん!!

3/10(日)
「竹原ピストル/リトルキヨシ/今西太一 豪華スリーメンLIVE!」

DJ:二見潤(Voices Inside)
open19:00 /start20:00 チャージ¥2000

この濃いメンツの紹介はあえて省略。こんな3人が揃うことは滅多にないでしょう。なぜか当店でこの暑苦しい3人が集まることになり、どんなことになってしまうのか想像がつきません。3人でキャンディーズの「春一番」をやるという噂もありますが、まあ春も近づくことだし吉田拓郎作曲だしね。意外と良いかもしれません。

(3/8記)予定数に達したため、メール予約を終了させていただきました。ありがとうございました!

なお整理番号入場はございません。当日は全席スタンディングになる予定です。ご了承ください。

3/17(日)
「Voices Inside 5周年!」

ホストDJ:二見潤
18:00より No Charge

毎月第3土曜日のイベントも5周年。なんと60回もやったことになります。毎月のイベントをずっと続けてくれた二見さん、ありがとう。今回はいつもと違って日曜日の夕方から始めたいと思っています。縁のDJ陣が総出演してくれる予定です。ものすごいレコードがかかることでしょう。数といい質といい。ジャンルも幅広く、あらゆる音楽がかかるでしょう。何か統一感があるとすれば、それは二見さんとこのイベントに対する愛なのではないでしょうか。その愛とは、毎月毎月良いレコードをかけ続けてきたその継続こそが藤沢の名物DJを生むにいたった、音楽の継続、または継続の音楽に対してなのだろうと思います。

(3/8記)今回のゲストDJはなんと18名にのぼる予定です。一人20分でも6時間!すごい夜になりそうですな。

--------------------
以上、2月後半から3月半ばまでのイベントのご紹介でした。みなさん、ぜひご参加ください。そしてミラクルが起きるのを目撃してください。一人でも多くの方に奇跡を共有していただきたいと思っています。
[PR]
by barcanes | 2013-03-17 05:34 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/19265783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Voices Inside 5... あたらしおもしろい >>