【告知】-野村和孝/Julie Hurd-Japan Tour- +ポスポス大谷、宗田佑介

先日の「恵美の部屋」(ホントの名前は「moqmoqオカザキエミの今夜もMash Up!」だったはず)にゲストで出てくれた宗田君がステキなイベントを持ってきてくれました。海外で活躍するお二人がメインですが、待望の当店初登場、ポスポスさんが来てくれるのもメッチャクッチャ楽しみです。ホーミーシンガーソングライターですよ、ヤバイっす。野村君はバカテクギター弾き語りだそうで、Julieさんはアコーディオンの弾き語り。宗田君も独特の世界を持った弾き語りで、4者4様の弾き語りになりそうです。

平日火曜の夜ですが、週はじめなんで早々に仕事を切り上げて、ぜひお集まりください。投げ銭ですしね。投げ銭でいいんですか?投げ銭たくさんしてあげてくださいね!

************************

-野村和孝/Julie Hurd-Japan Tour-

10月25日火曜日 @ Bar Cane's (藤沢)
OPEN20:00/START21:00 投げ銭(オーダー別)

出演:野村和孝 Julie Hurd ポスポス大谷 宗田佑介

【野村和孝(英名PWRFL Power)】
1984年旭川生まれ。音楽家、翻訳家、ときどき執筆。ユーモア溢れる日常の考察を現代的なハーモニー、作曲法と技術に裏打ちされたギターワークで鮮やかに描き、新しい形の弾き語りを提示。作曲家Bern
Herbolsheimer, ジャズ奏者Julian Priester, Jovino Santos Nestに師事。Cornish
College of the
Arts作曲科卒。B型さそり座

【Julie Hurd】
米モンタナ州ミズーラ出身のシンガーソングライター。親友のJune WestとJulie and the
wolvesとして活動後、アコーディオン片手にスペイン、イギリス、フランスを放浪。仏マルセイユに長期滞在し曲を書き貯める。2010年にはJapanetherやKinskiらと並びモンタナ州のTotal
Festに出演。アメリカーナのエッセンスを現代的でシン
プルなフォークソングに加えたその音楽性はScout Niblett, Julie Doiron, Nina Nastasiaを彷彿とさせる

【ポスポス大谷】
1972/10/13日生まれ、スロートシンガーソングライター、口琴奏者、日本口琴協会会員、西洋式毛針釣り師、倍音研究家、2006年頃からアコーディオンでの弾き語りを開始。それまでは口琴ソロを時々やっていた。20代前半まではエレキギターを弾いてました。

【宗田佑介(むねた ゆうすけ)】
1977年1月10日鎌倉生まれ。唄うたい。日本でギターを弾き、詩を書いて、唄を歌う音楽活動家。全国でライブ活動中。時々、絵描き。
[PR]
by barcanes | 2011-10-25 20:17 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/16916583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ポスポスと現代の冒険 藤沢市民祭に出店します >>