Voices Inside 歌謡ソウル特集

毎月第3土曜の「Voices Inside」、今月は歌謡ソウル、あるいはJ-ソウルということで、ソウルを感じさせる歌謡曲、ソウルっぽい歌謡曲などをかけてみます。ホスト二見潤はそれに対抗して、王道ソウルをかけます。

2月12日(土) Voices Inside 歌謡ソウル特集
ホストdj:二見潤+今月のゲスト:かずまッくす、久保田耕
9時ごろより。

USTREAM中継します。
http://www.ustream.tv/channel/channel-canes

*********************

ソウルを感じさせる歌謡曲、というものを模索してみようというテーマであったのだが、やはり気持ち的な部分にソウルを感じてしまうことになると、演歌でも民謡でもなんでも、魂が入っていればソウルになってしまうし、ノベルティ・ソングみたいなものも、黒人音楽の流れの中にはあるものだし、年代によっていわゆるR&Bの音にも流行があって、単にソウルといっても難しいことがよく分かった。音色的な部分、例えばノーザンソウル的なストリングスの入り方とか、70年代のファンク的なリズムとか、80年前後のディスコの音とか、そういうアレンジ的な部分でテーマを絞ってみるのもいいかもしれない。あるいは山下達郎的な、明らかなパクリものからまず攻めてみるのも必要だろう。

そんなことで、普段のルーツ的な古めのソウル中心の"Voices Inside"からすると、カズマックス林さんの「ほほえみ歌謡ナイト」にジャックされた感じでもあったが、お客さんたちは意外に盛り上がって、踊りまくる姉さん方にフロアも支配され、受けは良かったのだった。USTで聞いてたという方からも面白かったとの感想をいただきました。今後の可能性も見えてきそうだ。

来月は"Voices Inside"を続けて3周年。サウサリートのジョージさんをメインゲストに迎えて、特別版でお送りする予定です!
[PR]
by barcanes | 2011-02-12 20:18 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/15903602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 雪のバレンタインと芥川受賞作について 一夜明けて >>