Cane'sキャンプ部ダッチオーブン練習会

この秋結成されたCane'sキャンプ部でダッチオーブン練習会をやった。ダッチオーブンの会は構想から3年越しにようやく実現したのである。とは言ってもメンバーはいつもレースの応援に来てくれるSトーさんTケさんと僕の3人のみ。Sさんはキャンプ道具一式を揃えており、我らがキャンプ部部長である。会場は湘南高校すぐ近くのTさんちの庭で、ダッチオーブンはSさんの10インチと僕の8インチに加え、僕は2台目の10インチDEEPを買った。

前日の冷たい雨から打って変わって、日曜の朝は気持ちよく晴れた。前日飲み過ぎて予定よりスタートは出遅れたが、汗ばむくらいの昼過ぎに始めてSさんはジャンバラヤを、僕は4品、里芋やかぼちゃのスチーム、ギネスシチュー、アサリの酒蒸し、それにデザートのパンプディングはあまりに不評で、ほとんど自分で食べた。今回はひたすら炭でやろうというのがテーマだったが、やはり火の加減が難しい。弱火過ぎてなかなか温まらないか、強火すぎて焦げてしまうかのどちらかである。そしてフタを閉じて炭を乗せてしまうとなかなか中身の具合を見ることができないし、かき混ぜたりすることができない。この辺りはやはり慣れと経験が必要だろう。そのための練習会なのだ。そして今回の最大の目的は段積みの積み重ね!本当は炒めたり強火の段階から、水分を加えて弱火の煮込みの段階でうまく時間を合わせて段積みしてゆくのだろうが、そこは難しい。でも一応かたちだけでもと記念撮影。なかなか素敵な光景である。
c0007525_20485655.jpg

そんな中、MセさんKザミちゃんTSKの3人が出来上がった頃を見計らって来てくれた。しかしまだ一品も出来上がっていないのであった。400gほどの牛モモの塊肉を3本投入したシチューなどは3人では食べきれない量になってしまったので、みんな来てくれて良かった。煮込み終わってから10センチ角ぐらいのぶつ切りにして食べたので、ワイルド感あって満足であった。今後も炭の扱いや火の加減などまだまだ修練が必要である。Tさんの庭もサイコーで、日曜の昼間の遊びとしてもサイコーに楽しかった。結局暗くなって夜ご飯になってしまったけどね。

今後も練習会は続けていくつもりなので、みなさんもぜひダッチオーブンを手に入れ、参加してください。ホームセンターなどで、国産のキャプテン・スタッグの10インチ(口径25センチ)が1980円で売っているそうです。最初のワックスを落として焼き切り、油をしみ込ませる行程が少々めんどくさいので、よければ私がやったげます。家庭でも日々の料理にいろいろ使えるので、脚のない10インチか、一人二人ならキッチン用の8インチもオススメです。ダッチオーブン持ってなくても、Cane'sキャンプ部は部員募集中です!次回は1月の連休に冬キャンプに行く予定です!
[PR]
by barcanes | 2009-12-06 20:48 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://barcanes.exblog.jp/tb/13208003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今後のFantastic Ev... 三ノ塔で山鍋 >>